「炎上」と「バズる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「炎上」と「バズる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「炎上」「バズる」の違いを分かりやすく説明していきます。

「炎上」とは?

「炎上(えんじょう)」とは、「インターネット上で不適切な発言をした人やリアルで犯罪・不祥事を起こした人などのSNS(Twitter・Facebookなど)に、大勢の人がアクセスして批判・非難・誹謗中傷を書き込むこと」を意味しているネットスラングです。

「炎上」というネットスラングは、「ウェブ上でその人をバッシングしようとする大勢の人たちが殺到して、その人のSNSやまとめサイトなどに否定的なコメントが大量に書き込まれる事態」を意味しているのです。

「バズる」とは?

「バズる」とは、「インターネット上のコンテンツ(記事)について、大勢の人たちが話題にしたり参照(紹介)したりしてたくさんのアクセスが集まること」を意味しているネットスラングです。

「バズる」というネットスラングは、「ネット上で大勢の人たちが関心を持ってアクセスする人気記事(流行の記事)になること」を意味しているのです。

「バズる」「バズ(buzz)」の原義は「ハエなどがブンブン飛び回ること」で、「大勢の人がガヤガヤと集まって話題にすること」を意味するようになりました。

「炎上」と「バズる」の違い!

「炎上」「バズる」の違いを、分かりやすく解説します。

「炎上」「バズる」「インターネット上で大勢の人たちが集まってきて話題にすること」を意味している点では似ています。

しかし、「炎上」「大勢の人からバッシングされて、心理的苦痛の強いネガティブな状態」を意味していて、「バズる」「バズマーケティングにも応用できるポジティブな状態(利益を生み出せる可能性のある状態)」を意味している大きな違いがあります。

「炎上」「その人の問題行動・問題発言・不祥事(犯罪)に対する怒り・不快・制裁願望」が原動力になってたくさんの否定的なコメントが殺到しますが、「バズる」「そのコンテンツ(記事)が面白かったり役に立ったりして、もっと多くの人に知ってもらいたいという気持ち」が原動力になっている違いを指摘できます。

まとめ

「炎上」「バズる」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「炎上」とは「ウェブ上で不適切な言動をした人や現実で犯罪・不祥事を起こした人などのSNSに大勢の人がアクセスして、否定的なコメントを大量に書き込むこと」を意味していて、「バズる」「ウェブ上のコンテンツ(記事)について、大勢の人が話題にしたり紹介したりしてたくさんのアクセスやコメントが集まること」「ウェブ上で多くの興味関心を集めて人気記事になること」を意味している違いがあります。

「炎上」「バズる」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典