スポンサーリンク

「無事死亡」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無事死亡」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無事死亡」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無事死亡」の意味

無事死亡というのは思ったとおりに結局失敗したという意味の言葉のネットスラングです。

「無事死亡」の解説

無事死亡というのは本来は全く逆の意味である無事と死亡を使う事でその状態をユニークに皮肉っているというのがあります。

なので本当に単に死んでしまった事に対して無事死亡という使い方はしないです。

例えばどのような場面で使われるかというと死亡の原因がその本人の間抜けな行動が起因しているような場合です。

つまり死んでしまうといくら本人が思っていなかったとしても周囲から見たら当然死んでしまうのが分かっていたような状況でそのまま死んでしまったような状況の時に使います。

また死亡という言葉を使っていますが死んでしまった状況よりも失敗してしまった状況を指す事が多いです。

「無事死亡」の使われ方

「間に合うと思って余裕をかましていた俺、無事死亡」

「全く試験勉強しなかった俺、無事死亡」

といった感じで使われるのが無事死亡というネットスラングになります。

これの使い方としては他人の行いをバカにする時にも使いますが、それだけでなく自虐の表現として使う事もできます。

誰も不快な気分をさせたくない時には自虐の表現として使う事になります。

死亡という言葉があるのであまり他人に対して使うのは好ましくないないです。

ただ、あまりに愚かな事をしてしまって最悪の結果を招いた人を揶揄する時にも無事死亡を使う事はあります。

その場合は多くの人から共感が得られる事が大事です。

なので、むやみやたらに他人に対して無事死亡というのは使うべきではないです。

気軽に使うなら自虐ギャグで使う事になります。

そうすればこの言葉を使っても多くの人が不快に感じないで済みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典