スポンサーリンク

「無理がきく」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無理がきく」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無理がきく」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無理がきく」とは?意味

無理にでも行うことができるという意味です。

「無理」には、実現するのが難しい、道理にあわない、相手の意向を無視してやらせるという意味があります。

「無理がきく」という場合は、意向など関係なくやる、強いて行うという意味になります。

「きく」とは、それをするのが可能であることです。

漢字では「利く」と書きます。

こういったことから、「無理がきく」とは、強いて行う、やることができるといった意味になります。

「無理がきく」の概要

精神的にあるいは肉体的にもうダメだということが、仕事などであることでしょう。

これ以上頑張ることができないことは「無理がきかない」といいます。

もしも、まだ頑張ることができるのなら「無理がきく」といいます。

平日は残業続き、深夜遅くまで友達と遊ぶ、そんな20代の人のことで考えてみます。

この人は毎日残業をしています。

仕事が終わるのは9時や10時になることがあります。

その後、友達と飲みに行き、自宅に帰りつくのは深夜0時を過ぎることが珍しくありません。

そして、翌日には仕事があります。

始業時間は9時からなので、それに間に合うように起床する必要があります。

そうすると、睡眠時間は1日に5時間ほどしか確保できません。

7時間から8時間程度の睡眠時間を確保することが、健康にはよいといわれているので、1日5時間の睡眠では短いでしょう。

この人は、「20代でまだ若いから無理がきく」と考えています。

体は本当は疲れ気味なのですが、それを無視して働くことができると自分自身は思っているのです。

本当なら、早く帰宅をして早く眠ることが望ましいです。

そうしないと、体に負担がたまり続け、いつか体調不良に悩まされてしまう心配があります。

そうであるにもかかわらず、そのことを無視して仕事をし続けるのは、無理をしているといえるでしょう。

年齢を重ねると「無理がきなかい」ようになってきますが、若い人だと「無理がきく」と頑張りすぎてしまうことがあります。

こういったことになってしまうのは、職場がそのような雰囲気だから、上司にいわれるからなど、さまざまな理由があります。

「無理がきく」の言葉の使い方や使われ方

頑張ればやることができるといった場合に使用をします。

本当は精神的、肉体的につらくなっているけれど、どうにかできるといったことです。

「無理がきく」の類語や言いかえ

「頑張りがきく」が似たような意味を持つ言葉です。

「頑張り」とは頑張るのことで、我慢してやり抜くという意味があります。

「きく」はできるという意味です。

つまり、「頑張りがきく」とは、我慢してやり抜くことができるという意味になります。

まとめ

疲れているときには休むのが一番ですが、どうしても何かをやらなければならないことがあります。

無理をしてでもやるさまをこの言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典