スポンサーリンク

「無視」と「スルー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無視」と「スルー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無視」「スルー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無視」とは?

「無視(むし)」とは、「相手の存在・言動などを見たり聞いたりしないようにすること」を意味しています。

「無視」というのは「相手や物事がまるでその場に存在しないかのような反応をすること」であり、「相手が何らかのアプローチをしてきても意識的に対応しないこと」なのです。

「無視」という表現には、「意図的に相手の存在を見ないようにして心理的苦痛を与えること」「わざと相手の言葉が聞こえないように振る舞うこと」などのネガティブなニュアンスが備わっています。

そのため、「無視」「仲間はずれにするいじめ・モラルハラスメント(精神的嫌がらせ)の手段の一つ」として解釈されることもあります。

「スルー」とは?

「スルー」とは、「相手の発言・態度などに対してまともに反応(返事)をせずに受け流すこと」を意味しています。

「スルー」とは「(LINEの)既読スルー」などのように、「相手のメッセージや存在などをいったんは認識しているけれど、それに真剣に向き合って対応しないこと」の意味を持つ用語です。

「スルー」には、「自分の心の安定を守るために無視する」「相手のペースに乗せられない」といったニュアンスがあります。

「無視」と「スルー」の違い

「無視」は、「相手に嫌な思いをさせる意図もあって、相手の発言やアプローチに一切反応しないこと」を意味しています。

「スルー」の言葉には「無視」ほどの「意図的な悪意・わざと苦しめようとする考え」などはなく、「ただ自分の精神や暮らしの安定を守るために、わずらわしい相手の発言・態度などをまともに相手にしないこと」を示している違いがあります。

「無視」「かたくなに相手・物事を見ないようにしてまったく反応しないこと(あるいはいじめのような意図を持って対応しないこと)」ですが、「スルー」「一度は相手の存在や発言を認識した上でまともに相手にしないこと」を意味している点が異なっています。

「無視」の例文

・『クラスメイトに無視されるいじめを受けてから、対人恐怖症の傾向が出てきました。』

・『母親は子供が泣こうが喚こうが無視をして、自分の買い物をしている感じでした。』

「スルー」の例文

・『LINEでメッセージを送ったのに彼女から既読スルーされていて、何だか落ち着かない気分です。』

・『気乗りしないバーベキューに誘われたのでとりあえずスルーして、後で言い訳のメールでも送ろうと思います。』

まとめ

「無視」「スルー」の違いを詳しく説明しましたが、いかがでしたか? 「無視」「意識的に相手や物事に反応しないこと・わざと相手にせずに心理的苦しみを与えること」を意味していますが、「スルー」には「嫌な相手や物事を受け流すこと・嫌がらせなどの意図はなく自分の精神状態の安定のために反応しないこと」の意味がある違いを挙げられます。

「無視」「スルー」の違いを知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典