「焼き芋」と「蒸かし芋」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「焼き芋」と「蒸かし芋」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「焼き芋」「蒸かし芋」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「焼き芋」とは?

「焼き芋」の意味と概要について紹介します。

「焼き芋」の意味

「焼き芋」「やきいも」と読みます。

意味は、「つぼやかまど、ストーブやたき火などで、じっくりと焼いたさつまいものこと」です。

「焼き芋」の概要

「焼き芋」は、文字通り「焼いた芋」のことを言います。

昔はつぼやかまどで、少し前まではストーブやたき火などで、最近ではオーブンで焼いて作ります。

ストーブの場合はアルミ箔でさつまいもを包み、上に置きます。

たき火の場合は、枯れ葉などを集めて燃やした中に入れておきます。

「焼き芋」は、焼いて水分を飛ばす為に、甘みが凝縮されてより甘く仕上がります。

「石焼き芋」の屋台で売っているのも「焼き芋」で、甘く、しかもほくほくとした食感が楽しめます。

「蒸かし芋」とは?

「蒸かし芋」の意味と概要について紹介します。

「蒸かし芋」の意味

「蒸かし芋」「ふかしいも」と読みます。

意味は「せいろや蒸しがまなどで蒸し焼きにしたさつまいものこと」です。

「蒸かし芋」の概要

「蒸かし芋」は、せいろや水を張った蒸しがまなどで、蒸したさつまいものことを言います。

最近ではラップにくるみ電子レンジで簡単に調理できる様になっています。

水分で熱を通すので、食感もしっとりしていて、時間が経ってもパサパサになりにくいのが特徴です。

甘みは控え目ですが、上品な味で、裏ごしをしてお菓子に使う時にはこちらの調理法を使います。

「焼き芋」よりも火の通りが早く、手軽な為に家庭でよく作られています。

「焼き芋」と「蒸かし芋」の違い!

「焼き芋」「ストーブやたき火などで、じっくりと焼いたさつまいものこと」です。

「蒸かし芋」「せいろや蒸しがまなどで蒸し焼きにしたさつまいものこと」です。

まとめ

今回は「焼き芋」「蒸かし芋」の違いをお伝えしました。

「焼き芋は火で熱を通す」「蒸かし芋は水蒸気で熱を通す」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典