「熱容量」と「比熱」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「熱容量」と「比熱」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「熱容量」「比熱」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「熱容量」とは?

「熱容量」の意味と概要について紹介します。

「熱容量」の意味

「熱容量」「ねつようりょう」と読みます。

意味は「物体の温度を1度上昇させる為に必要な熱量のこと」です。

「熱容量」の概要

「熱容量」とは、ものを1度上昇させる為に必要なエネルギー量のことを言います。

あるものに加えた熱を、どれだけ蓄積できるかという度合いを表す言葉です。

物体には「蓄える性質」があり、強い方が温まりにくく、弱い方が温まり易くなります。

同じ質量の物質がある時に、沢山熱を送り込まないと温度が1度上昇しないもの、つまり「熱をそれだけ多く蓄えられるもの」の方が「熱容量が大きい」ということになります。

物体が大きくなればそれだけエネルギーが必要になります。

「比熱」とは?

「比熱」の意味と概要について紹介します。

「比熱」の意味

「比熱」「ひねつ」と読みます。

意味は「物体の温度を、単位質量当たりで、1度上昇させるのに必要な熱量のこと」です。

「比熱」の概要

「比熱」は、物体の温度を、1度上昇させる為に必要な熱量を、単位質量あたりに換算した数値をいいます。

単位質量当たりに換算することで、その物質固有の数値として表せます。

比較として「大きい・小さい」ではなく、ある特定の物質について使われることが多くなります。

「比熱」の数値のことを「物性値」と言い、代表的なものは以下の通りです。

「水:4. 2KJ」「氷:2. 1KJ」「鉄:0. 44KJ」「銅:0. 38KJ」などです。

水の沸点は100度ですので、それだけ「比熱」が高いことが分かります。

「熱容量」と「比熱」の違い!

「熱容量」「物質全体の温度を、1度上昇させるのに必要なエネルギーのこと」です。

「比熱」「物質1グラムの温度を、1度上層させるのい必要なエネルギーのこと」です。

まとめ

今回は「熱容量」「比熱」の違いをお伝えしました。

「熱容量は物質全体」「比熱は単位質量当たり」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典