スポンサーリンク

「熾烈」と「苛烈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「熾烈」と「苛烈」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小説を読んでいると、難易度の高い言葉に出会うことがあります。

この記事では、「熾烈」「苛烈」の違いを分かりやすく説明していきます。

違いを知って、文学のエキスパートになりましょう。

スポンサーリンク

「熾烈」とは?

熾烈(しれつ)とは、メラメラと燃える炎のように勢いが強いこと。

近寄れないくらい、火花が飛び散っていることです。

荒々しいことの、例えとして用います。

熾烈という言葉には「熾」という、普段あまり見かけない漢字が使われています。

「熾」は火おこしから生まれた言葉。

そのため「エネルギッシュ」という意味があります。

「烈」は火の勢いが強いという訳があるので「熾烈」「勢いが強いこと、激しいこと」になります。

熾烈を用いた文章には、次のようなものがあります。

「同期同士ということもあり、2人の間には熾烈な出世争いがおこなわれている」「競合他社との熾烈な戦いが予想される」熾烈はバチバチとした火花が見えるような、情熱的な戦いのことです。

「苛烈」とは?

苛烈(かれつ)とは、手厳しいこと。

見守る人が痛ましい気持ちになるくらい、辛く激しいことです。

シビアな状況をあらわす言葉になります。

苛烈の「苛」には「むごい」という意味があります。

「むごい」とは目を覆いたくなるくらい、激しい仕打ちに用いる言葉です。

「烈」には「少しの気の緩みも許されないくらい、ピリピリと張りつめた空気」という訳があります。

そのため緊張感がただよっていて、ひと息つく暇がない状態が「苛烈」です。

具体的な使い方を見ていきましょう。

「SNSには苛烈なバッシングが並んでいた」そして「負けたチームに、苛烈なブーイングが寄せられた」などがあります。

肉体的な戒めに加えて、精神的な重圧もふくまれるのが「苛烈」です。

「熾烈」と「苛烈」の違い

どちらも同じように見える熟語なので、見極めが難しいです。

「熾烈」「苛烈」の違いを、分かりやすく解説します。

・より厳しい環境は「苛烈」
「熾烈」「苛烈」には、どちらも「程度がはなはだしい」という意味があります。

熾烈は激しく燃える炎から生まれた言葉なので、スポーツや営業争いなどの「前向きな競争」にもちいます。

そのためビジネスで取り沙汰されるのは「熾烈」です。

また「苛烈」も同じように、激しい状況を伝えるもの。

苛烈には「残酷でむごい」という、より厳しい環境をにおわす意味もふくまれています。

「苛烈な戦争」「苛烈なサバイバルゲーム」などがその例です。

情熱的な競争には「熾烈」、厳しい環境には「苛烈」です。

まとめ

「熾烈」「苛烈」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも厳しく、激しいこと。

対立する何かとの競争を伝えるのが「熾烈」

「熾烈な争い」という言い方をします。

またむごくて残酷な様子には「苛烈」を。

目を覆いたくなるような、せちがらい状況に用いていきます。

そのため程度が激しいのは「熾烈」よりも「苛烈」になります。

正しい語彙を覚えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典