スポンサーリンク

「燃やす」と「焼く」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「燃やす」と「焼く」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「燃やす」「焼く」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「燃やす」とは?

「燃やす」「もやす」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は元の意味で「火をつけて焼きつくすこと」「ゴミを燃やす」などと言います。

2つ目は上記から転じて「感情や意欲が湧き心が高ぶること」と言う意味で「闘志を燃やす」などと言います。

「燃やす」は基本的に、あるものに火を付けて炎を上げることに重点を置いた言葉です。

「焼く」とは?

「焼く」「やく」と読み、以下の3つの意味と使い方があります。

1つ目は「火を付けて燃やしなくすこと」と言う意味で、「枯れ草を焼く」などと言います。

こちらの意味は「燃やす」と同じですが、「目的があって性質を変化させる為に火を付ける」というニュアンスで使われることが多くなります。

2つ目は「直火にあてて熱を通し、加工すること」という意味で「魚を焼く」などと言います。

3つ目は「慣用的表現として激しい様子」という意味で「やきもちを焼く」などと言います。

「焼く」は基本的に、あるものに火を付けて熱することに重点を置いた言葉です。

「燃やす」と「焼く」の違い!

「燃やす」「あるものに火を付けて炎を上げること」です。

「焼く」「るものに火を付けて熱すること」です。

まとめ

今回は「燃やす」「焼く」の違いをお伝えしました。

「燃やすは炎を上げる」「焼くは火で熱する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典