スポンサーリンク

「爆発」と「破裂」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「爆発」と「破裂」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「爆発」「破裂」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「爆発」とは?

「ばくはつ」と読み、急に体積が増える事などにより、圧力が生じ、熱、光、音などを伴って破壊的な影響を及ぼすことを意味しています。

急激な化学反応や、容器の破壊、核反応などによって起こります。

爆発には、高圧ガス容器の亀裂による爆発、水蒸気爆発、隕石衝突、核爆発、ガス爆発、混合爆発など、様々なものがあります。

また、比喩的な表現として、感情など、溜まっていたものが急激に外に表れるときにも使用されます。

「爆発」の使い方

名詞として、「爆発する」「爆発した」などと、使います。

化学反応などにより、急激に圧力が生じ破壊的な現象が起きた時に使います。

例えば、ガスが漏れていて部屋に充満し、引火したときなどです。

また、爆薬を使うときにも使用します。

日常生活では、あまり爆発に遭遇することはありませんが、比喩的な表現として、「爆発」がよく使われています。

「溜め込んだ感情が爆発した」や、「怒りが爆発」などです。

スポーツ選手などが一気に才能を開花したときに、「才能の爆発」ということもあります。

「破裂」とは?

「はれつ」と読み、破れて、中のものが出てくることを指します。

「水道管が破裂する」など、中にあるものが抑制力を失い、現れることをいいます。

また、相談や交渉の際に、物別れに終わることに使うこともあります。

「破裂」の使い方

ものが破れてしまったときに使います。

タイヤなどがパンクしたときや、動脈瘤の破裂など。

また、音声記号の“p”など、唇を合わせてから瞬間的に開き、発音する音を破裂音といいます。

「爆発」と「破裂」の違い

「爆発」は、化学反応などによって圧力が生じる又は、隙間などにより圧力が急に解放されることによって起きる、光、音、熱などを伴う現象です。

それに対し、「破裂」は、外側が破れ、中身が出てくることを指します。

違いは、「爆発」は圧力によって生じる現象について言っているのに対し、「破裂」は破れることについて言っているところです。

また、水道管の破裂など、「破裂」は時間をかけて生じることもありますが、「爆発」は、急速に起こった変化についていいます。

「爆発」の例文

・『あの爆発音に気付かなかったのには、驚きます』

・『ダイナマイトの爆発によって、ビルを解体する』

・『お父さんの癇癪玉が爆発しないうちに、謝ったほうが良い』

・『超新星爆発の撮影に成功しました』

「破裂」の例文

・『使用済みのボタン電池が、破裂して出火しました』

・『脊柱を破裂骨折してしまい、リハビリが大変です』

・『クロスバイクに空気を入れすぎて、チューブが破裂し、大きな音が鳴りました』

・『ペットボトル飲料を暑い車内に放置していたら、破裂しました』

まとめ

「爆発」「破裂」はとてもよく似た言葉です。

筒などの中で爆発が起き、破裂したと使うこともあります。

違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典