「爆買い」と「大人買い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「爆買い」と「大人買い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「爆買い」「大人買い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「爆買い」とは?

「爆買い」の意味と使い方について紹介します。

「爆買い」の意味

「爆買い」「ばくがい」と読みます。

意味は「一度に大量の商品を購入すること」です。

「爆買い」の使い方

「爆買い」は、一つの店舗で一度に大量の商品を購入することを言います。

買う商品は一つのものとは限らず、複数の商品をとにかく大量に購入する時に使われます。

「爆外」は、元は春節の時期に中国人観光客が大勢来日して、免税店などでとにかく多くの商品をカゴいっぱいに購入して持ち帰ることから使われる様になりました。

2015年には流行語大賞にも選ばれ、最近では日本人の間でも使われる様になっています。

「大人買い」との違いは、複数の種類が混ざっていて、とにかく大量購入するという点です。

「大人買い」とは?

「大人買い」の意味と使い方について紹介します。

「大人買い」の意味

「大人買い」「おとながい」と読みます。

意味は「予算に余裕のある人が、一度に同じ商品を大量に購入すること」です。

「大人買い」の使い方

「大人買い」は、お金に余裕のある人が、一度に同じ商品を大量に買うことを言います。

元々は食玩など、子供が僅かなお小遣いで買う商品を、お金に余裕のある大人が一度に大量に買うことを表す言葉でした。

食玩のおまけは、買って開けないと中身が分らなかったのですが、大人は欲しいものを効率よく手に入れる為に、一度に同じ食玩を大量に買うことが多かったのが由来です。

転じて現在では、普通の人が、食玩に限らず同じ商品で色違いや型番違いなどの商品を大量に買うこととして使われています。

「爆買い」と「大人買い」の違い!

「爆買い」「一度にとにかく大量の商品を購入すること」です。

「大人買い」「一度に同じ商品を大量に購入すること」です。

まとめ

今回は「爆買い」「大人買い」の違いをお伝えしました。

「爆買いはとにかく大量購入」「大人買いは同じものを大量購入」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典