スポンサーリンク

「片端入れ」と「両端入れ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「片端入れ」と「両端入れ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「片端入れ」「両端入れ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「片端入れ」とは?

「片端入れ(かたはいれ)」とは、「金利(利息)などを計算する際に、初日(計算開始日)または最終日(計算終了日)のどちらかだけを日数に入れて計算すること」を意味している金融用語です。

「片端入れ」は、「一日分の支払い利息を減らせる貸し手側の利益」があるので、主に「預金・債券の利払い」で使われています。

「片端入れ」には、「計算開始日は含まず、計算終了日のみを入れて計算する方法」と、「計算開始日は入れて、計算終了日は含まずに計算する方法」の2つがあります。

「両端入れ」とは?

「両端入れ(りょうはいれ)」とは、「金利(利息)などを計算する際に、初日(計算開始日)と最終日(計算終了日)の両方を日数に入れて計算すること」を意味している金融用語です。

「両端入れ」は、「一日分の利息(利子)を多く取れる貸し手側の利益」があるので、主に「融資・消費者金融」で使われています。

「片端入れ」と「両端入れ」の違い!

「片端入れ」「両端入れ」の違いを、分かりやすく解説します。

「片端入れ」「両端入れ」はどちらも「金利計算における計算方法の種類」を意味する金融用語ですが、「片端入れ」とは「金利(利息)などを計算する場合に、初日または最終日の一方だけを日数に入れて計算すること」を意味しています。

「片端入れ」に対して「両端入れ」というのは、「金利(利息)などを計算する場合に、初日と最終日の両方を日数に入れて計算すること」を意味している違いがあります。

一般的に「両端入れ」のほうが「片端入れ」よりも、「最終日につく金利が高くなる違い」を指摘できます。

まとめ

「片端入れ」「両端入れ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「片端入れ」とは「金利(利息)などを計算する際、初日または最終日のどちらかだけを日数に入れて計算すること」を意味していて、「両端入れ」「金利(利息)などを計算する際、初日と最終日の両方を日数に入れて計算すること」を意味している違いがあります。

「片端入れ」「両端入れ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典