スポンサーリンク

「物議を醸す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「物議を醸す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、慣用句の「物議を醸す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「物議を醸す」とは?意味

「物議を醸す」の読みは、「ぶつぎをかもす」「世間で、あることについて議論が起きること」を意味する慣用句です。

「物議を醸す」の概要

「物議を醸す」の慣用句を、分解して少し詳しく説明します。

「物議」「物事に対する議論」の意味で、平たく表現すれば、「ある事に対する議論」という意味になります。

また「醸す」と言う言葉は、「酒や醤油などを醸造すること」を指す言葉で、そこから転じて「ある状態や雰囲気などを生みだすこと」の意味もあります。

従って、「物議を醸す」「ある事に対する議論がなされる状態が生み出されること」すなわち、「世間で、あることについて議論が起きること」を意味する言葉となるのです。

しかし「何かの状態を生み出すこと」は敢えて「醸す」と言う言葉でなくても、単に「起きる」「持ち上がる」としても良いのに、なぜ「物議」と組み合わされて「醸す」が使われて、慣用句となったのかは定かではありません。

一説には「酒や醤油などを醸造する」時には、発酵が起き、ふつふつと泡が出て来ます。

この泡が出て来る様子、すなわち「湧き出る」として、この慣用句に使われたのではと言うのがあります。

しかし、これも推論の域を出ていません。

また「物議を醸す」「醸す」「呼ぶ」「交わす」に言い換えて「物議を呼ぶ」「物議を交わす」と、使われているのを見聞きする事がありますが、これは間違いです。

この間違いは「議論を呼ぶ」と混同しているのが原因と思われます。

また先に記したように、「物議」と組み合わされて、ある意味では似つかわしくない「醸す」が使われていることも、間違いやすい遠因かも知れません。

「物議を醸す」の言葉の使い方や使われ方

「物議を醸す」の慣用句は、以下の例文のように使われます。

・『あの大臣は失言が多く、物議を醸すことがしばしばあります』
・『そんな意見を表明すれば、間違いなく世間の物議を醸すでしょう』
・『会社の再生に向けて、若手の意見のヒヤリングが行われました。その時の彼の意見は、余りにも過激すぎて上層部の物議を醸す結果となりました』
・『物議を醸すのを恐れて、言いたいことを言わなないことは、私にはできません』

「物議を醸す」の類語や言い換え

「物議を醸す」「議論を呼ぶ」「反論が沸き起こる」「議題に上る」と言い換えることが出来ます。

またその議論がひどい場合には、「騒ぎを起こす」と言い換えられる状況になることもあるでしょう。

まとめ

「物議を醸す」の読みは、「世間で、あることについて議論が起きること」を意味する慣用句です。

「物議を醸す」「物議を呼ぶ」「物議を交わす」と使われている方がおられますが、これは明らかに間違いです。

「物議」「醸す」が結びついている理由が分からない事から、間違いやすい言葉ですが、正しく覚えておきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典