「独り言」と「一人言」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「独り言」と「一人言」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「独り言」「一人言」の違いを分かりやすく説明していきます。

「独り言」とは?

「独り言(ひとりごと)」とは、「会話する相手がいないにもかかわらず、一人だけで言葉を口にする行為やその言葉」「独言(ごくげん)・独語(どくご)」を意味している表現です。

「独り言」という言葉には、「相手がいない状況であるにも関わらず、無意識的・衝動的に一人で話してしまう(つぶやいてしまう)ことやその言葉」といった意味合いもあります。

「一人言」とは?

「一人言(ひとりごと)」とは、「話す相手がいないのにも関わらず、一人で言葉を話すことを意味している独り言の別表記」です。

また「一人言」と表記する時には、「誰かに聞いてもらうことを期待して、一人でぶつぶつと何かを言うこと」「誰かに聞いてもらうこと(読んでもらうこと)を前提にして、一人でSNS(ツイッター)やブログに書き込むこと」という意味のニュアンスもあります。

「独り言」と「一人言」の違い!

「独り言」「一人言」の違いを、分かりやすく解説します。

「独り言」「一人言」は国語辞典においては、「会話の相手がいない状況において、一人で何かを言ったりつぶやいたりすることやその言葉」を意味している同義語になります。

ただし「独り言」と表記する時には、「聞いてくれる相手がいないにも関わらず、無意識的・衝動的に思わず一人で何かを言ってしまうこと」といった意味のニュアンスが強くなっています。

「独り言」ではなく「一人言」と表記する時には、「誰かに聞いてもらうこと(読んでもらうこと)を前提にして、ツイッター・フェイスブック(SNS)・ブログなどで一人で何かを書いたりつぶやいたりすること」という意味のニュアンスが強くなる違いを指摘できます。

まとめ

「独り言」「一人言」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「独り言」とは「聞いてくれる相手がいないにもかかわらず、発声する言葉を口にする行為」を意味していて、「一人言」「独り言の別表記」「誰かに聞いてもらうこと(見てもらうこと)を前提にして、一人でつぶやいたり書き込みをしたりすること」を意味している違いがあります。

「独り言」「一人言」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典