「独女」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「独女」とは?

最近よく目にする言葉に「独女」があります。

「独女」「どくじょ」と読みます。

女性誌などに目を通す方や、ネットを頻繁に見る人は「独女」という言葉になじみがあるかもしれません。

一方で、男性の多くは「独女」という言葉を知らないでしょう。

とはいえ「独女」という言葉は、一度目にしたら放置できないような気になる言葉です。

そこで、「独女」の意味や使い方を紹介していきます。

「独女」の意味

「独女」には、どのような意味があるのでしょうか。

「独女」「独身女性」を略した言葉で、「結婚していない女性」さらに「未婚の女性」を指す言葉です。

逆に結婚している人は、既婚女性なので、「既女」と呼ばれます。

単純に未婚の女性を「独女」と呼び、特にポジティブな理由もネガティブな理由もありません。

「独女」の言葉の使い方

「独女」には、「独身女性」という意味があり、未婚の女性を指します。

そのため、結婚している人や、独身だけれど離婚経験がある人は、「独女」とは呼ばれません。

また独身女性を揶揄するような、意味はありません。

「彼女は結婚できない理由がある」「○○だから未婚のままなのだ」というような意味は「独女」には含まれていません。

同時に「彼女はあんなに素敵なのに未婚のまま何て不思議だ」とか、「結婚相手として魅力的なのに独身だ」というようなポジティブな意味も特に含まれていません。

ただし「毒女」に対して、「独女」という言葉を使う場合は、ニュートラルな独身女性として、ややポジティブな立場として存在します。

「毒女」の意味

「独女」から発展した言葉に、「毒女」があります。

「毒女」「独女」と同じように「どくじょ」と読みます。

「毒女」には「毒を持つ独身女性」という意味があり、「○○という理由があるから、彼女は結婚できずに独身のままなのだ」という嫌味が含まれています。

インターネットスラングのひとつで、かなりマイナスなイメージで使われる言葉です。

また、既婚女性を略した「既女」という言葉の「毒女」バージョンの言葉に、「鬼女」があります。

鬼のような既婚女性という意味がある言葉です。

最近特に、「独女」「毒女」と比較して使われる事が多くなっています。

くれぐれも、「独女」と表記したい相手に、「毒女」という表記をしてしまうミスは避けるようにしましょう。

「独女」を使った例文

「独女」という言葉を使った例文を見て行きましょう。

様々な場面における、「独女」を使った文章を見て行きましょう。

「独女」の例文1

「Aさんは『独女』なので、合コンに誘ってみましょう」この例文に登場するAさんのように、独身女性を合コンに誘っても迷惑を掛ける事がないでしょう。

逆に結婚している女性を合コンに誘うと、思わぬ恋愛トラブルが起こってしまうかもしれませんので、避けた方が無難でしょう。

この例文の「独女」には、「独身女性」という意味の他に、含まれてた意味がないため、正統派の「独女」の使い方と言えるでしょう。

「独女」の例文2

「『独女』と『毒女』は、月とスッポンほど大きな違いがある」この例文のように「独女」「毒女」とセットで使われる事が多くなっています。

もちろん、この場合の「月」「独女」「スッポン」「毒女」となります。

「独女」はいつでも結婚可能な魅力のある女性を指しますが、「毒女」には、結婚できない何かしらの問題を抱えた女性という意味があります。

同じ独身女性でも、「独女」と思われるか「毒女」と思われるかでは大きな違いがあります。

もし職場で「毒女」と認定されてしまったら、職場恋愛は無理と考えなければいけません。

少し自分に問題があると感じている女性は、「毒女」と呼ばれないように、身の振り方に気を付けるようにしましょう。