スポンサーリンク

「独白」と「告白」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「独白」と「告白」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、独白と告白の違いについて分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

独白とは?

独白とは、たったひとりで台詞を言うことを意味しています。

相手はおらず、最初から最後までひとりで自分の気持ちを話す様は独特な世界観があり、観客を魅了します。

あえて多くの登場人物を出さないことで、ひとりの登場人物が濃密な台詞まわしと演技を披露できます。

そして、自分の世界観を作り出し、その世界に浸る。

このことでさらに登場人物になりれて、台詞にも熱がこもり、魅了する演技が披露できるのです。

この言葉がよく使われているのが歌手のプロモーションビデオで、歌手がまるで自分の胸の打ちを詩人のように歌うスタイルがとられています。

このスタイルで歌うと視聴者の心に訴えかけながら歌えるので、より見ている人の気持ちを掴み、一体感となります。

真情を告白するように話す独白は、芸能の分野や文学などでよく使われている言葉です。

告白とは?

告白とは、心の中に思ったことを人に打ち明けるという意味があります。

秘密にしていた恋心を思い切って好きな人に打ち明けるときに使ったり、ありのままの胸中を人に話し、共感してもらうという意味合いがあります。

自分の中に芽生えた感情を相手に伝えることで胸のモヤモヤをすっきりさせて、気持ちを前向きに持つ。

恋愛においては好きと感じた人に恋愛感情を持っていることを伝えて、できれば付き合いたいという気持ちを伝えます。

本来であれば、表にはださず、自分の中で眠らせておきたい気持ちを打ち明けたり、目の前の出来事が間違った情報で人に伝わっているとき、真実を知る人は事実を伝えて人々の間違った解釈を解くわけです。

また、自らが悪い行いをしたときは意を決して神へと行いを告白し、懺悔するときにも使われる言葉になります。

独白と告白の違い

独白と告白の違いを、分かりやすく解説します。

ひとりで自分の中の気持ちを台詞のようにして語るのが独白であり、告白は真実の気持ちを人に伝えるという違いがあります。

独白の例文

・『自分の真情を人々の前で独白した』
・『自分の真情を独白する歌にする』
自分の胸の中に嘘偽りのない気持ちを一人でも多くの人に伝えたい人は、独白のスタイルで独白します。

また、飾らず、気持ちが表れた舞台にするためにもひとりで台詞を言って人々を魅了するために独白の舞台にします。

告白の例文

・『今回の事件の真相を告白します』
・『隣のクラスの男子が好きなので告白する』
事件が思わぬ方向へといき、犯人でもない人が犯人にされてしまうとき、本当のことを知っている人が警察に告白します。

また、隣のクラスに自分のタイプの人がいて、好きだと思う気持ちが芽生えたとき、その気持ちをはっきり伝えたいと思うときに告白します。

まとめ

自分の胸のうちを人に伝えるときに使う独白と告白。

どちらも本当の気持ちを伝えたいと思うときに使われる言葉ですが、独白は多くの人々に共感してもらえるように言葉を伝える言葉で、告白は真実を人に伝えて理解してもらうときに使います。

独白という言葉はあまり日頃使われませんが、人々を共感させたいとき、感動させたいときはこの言葉を使うといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典