スポンサーリンク

「狭量な人」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「狭量な人」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「狭量な人」の意味を分かりやすく説明していきます。

「狭量な人」にはどのような意味があり、どのような使われ方をするでしょうか。

スポンサーリンク

「狭量な人」とは?意味

「狭量な人」「きょうりょうなひと」と読みます。

「狭量な人」「人を受け入れる心が狭い人。

度量が狭い人。

その様子」
という意味があります。

「度量(どりょう)」には、「他人の言行を良く受け入れる、広くおおらかな心」という意味があります。

そのため、「裁量な人」「心が狭い人」と言うことができます。

「狭量な人」の概要

「狭量な人」は、人を受け入れる心が狭い人のことを指すため、他人に厳しいという特徴があります。

人が少しでもおかしな振舞をしたとき、間違った言動をしたときに、受け入れる心の余裕がない人ということになります。

そのあめ、自分とは違う人の意見や考えを受け入れることができずに、否定ばかりしてしまいます。

また、人と接することが基本的に好きではなく、個人で活動することが多くなります。

接していて楽しいタイプの人ではないため、人気がないケースが少なくありません。

ストレス感じる人も多く、「狭量な人」からは、人が去りやすい傾向があります。

「狭量な人」の言葉の使い方や使われ方

心が狭い人と出会った時、その人のことを「狭量な人」と言うことができます。

例えば、婚活パーティーに参加したときに、心が狭く、付き合いにくい人に出会うことがあるかもしれません。

この場合は、「パーティーで狭量な人に出会い、結婚相手としてあり得ないと思った」などという文章を作ることができます。

また、学生時代の友達と久しぶりに再会したときに、人の意見を聞けないタイプの人に変化していた場合は、「友達と再会したが、狭量な人になっていた」という文章にできます。

他にも、仕事関係者を同僚に紹介する時、心が狭く付き合いにくい人だと伝える場合は、「あの人は、狭量な人がだから気を付けた方がいい」などと伝えるのではないでしょうか。

「狭量な人」の類語や言いかえ

「狭量な人」の類語として「偏狭な人(へんきょうなひと)」があります。

「偏狭」には、「自分だけの狭い考えにとらわれること。

度量が小さいこと」
という意味があります。

ほとんど同じような意味があります、言い換えに使うことができます。

さらに「狭隘な人(きょうあいなひと)」も、「心が狭く度量が小さい人。

その様子」
という意味があるため、「狭量な人」とよく似た意味があります。

このように、心が狭く付き合いにくい人を見かけた場合は、「偏狭な人」、または「狭隘な人」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

「狭量な人」という言葉について見てきました。

「狭量な人」は、心が狭い人で、あまり人気が出るタイプの人ではないことが分かりました。

自分が「狭量な人」になっていると感じた場合は、心に余裕を持ち、様々な人の意見を受け入れられるよう自分を変えてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典