スポンサーリンク

「猛反発」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「猛反発」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、激しい反対意見を受ける「猛反発」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「猛反発」とは?意味

ある意見や行動に対して強硬に批判・反対するという意味で、猛反発を受ける側は実例としては組織のトップや出馬した候補者の言動などで、党の代表の発言が猛反発を受ける、代表取締役の提案が猛反発を受けると言った、同一組織内において猛反発を受けるというケースも見られますし、別の地域からのゴミ処理場の建設提案で猛反発を受けるというような、所属する団体が異なるケースもあります。

なお、猛批判素材という言葉はスケボーの車輪の種類として使われている言葉で、悪路でも走りやすいという方向性でハイグレードな素材となっています。

「猛反発」の概要

猛反発は反対意見が強烈であることから、猛反発のもととなった提案や行動を撤回させかねないだけのバワーがあります。

国際社会のニュースにおいて使われているケースがあり、フランス猛反発、中国のメディア猛反発などと言った記事もあり、これは情勢によってまた変化するでしょう。

寝耳に水的な提案、一方が損をする提案などに対して猛反発するという言葉がよく使われます。

猛批判と近い言葉でもありますが、猛批判するのは個人からでも可能ですが、猛反発するのは国や自治体、社員全体など広めの対象であるという使い分けがなされています。

また、反対意見が出て、行動や提案の撤回を求めることがあるのが猛反発、その行動や言動に対して良くないと非難するのが猛批判という使い分けとなっています。

物理的な反発力の高さを表す意味合いとしての猛反発という言葉はスケボーのウィール(車輪)に対して使われるケースが見られますが、それ以外ではほぼ見られません。

「猛反発」の言葉の使い方や使われ方

「会社合併の提案に株主から猛反発の声が上がった」「国同士の連携した軍事訓練に対して第三国から猛反発の声が上がる」「政治家の提案に猛反発の声が上がる」「猛反発の結果、法案は撤回に追い込まれた」「地元が猛反発しているため発電所が立つかわからない」などの使い方がありますが、大きな建設、国同士の対立、会社の動向など、比較的大きな対象に使われるケースが多いと言えるでしょう。

「猛反発」の類語や言いかえ

強烈な反発を受ける、猛批判を浴びる、徹底的な反対に合う、反対の渦が巻き起こる、ストライキやボイコットなどの反対運動が起こる、デモが起きるなどが猛反発の言い換えや行動に現れたことと言えるでしょう。

猛反発から進んだ状態の言い換えとしては撤回に追い込まれるが挙げられます。

まとめ

猛反発という言葉は反発をさらに上回る言葉で、反対の意思を示す文章としてはかなり上位の強さを持っているものでもあります。

また、猛反発する団体も国や株主一同など、一般人個人と比べて大きな力を持っているケースが多くなっていることも言葉の使われ方としての特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典