「猛烈」と「強烈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「猛烈」と「強烈」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「猛烈」「強烈」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「猛烈」とは?

「猛烈(もうれつ)」とは、「行動・物事・スピードなどの勢いが強くて激しいさま」を意味している言葉です。

例えば、「祖父は猛烈に働き続けた人生でした」「猛烈な勢いで反対運動が沸き起こりました」などの例文で使えます。

「猛烈」の表現には「物事の程度がはなはだしいこと」の意味もあり、「猛烈」には「強烈」よりも程度が激しい(程度が大きい)という語感が備わっています。

「強烈」とは?

「強烈(きょうれつ)」とは、「主に物理的な力・作用・刺激などの強さが強くて激しいこと」を意味している言葉です。

「強烈」の表現には、「物理的な衝撃の強さが強いさま」だけでなく、「普通よりも物事の程度が激しいさま」といった意味のニュアンスがあります。

例えば、「格闘家の強烈な打撃を受けました」「強烈な個性を持っている先生でした」などの例文で使用することができます。

「猛烈」と「強烈」の違い!

「猛烈」「強烈」の違いを、分かりやすく解説します。

「猛烈」「強烈」「力や勢いなどが強くて激しいさま」を意味していることでは共通していますが、「猛烈」の表現は「行動・物事の勢いが強くて激しいこと」に意味の重点が置かれています。

「猛烈」に対して「強烈」のほうは、「物理的な力や作用、刺激の強さが強くて激しいこと」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

例えば、物理的な力を伝えるパンチ(打撃)については「猛烈なパンチ」よりも「強烈なパンチ」のほうが、より自然な響きのある表現になる違いがあるのです。

また「猛烈」のほうが「強烈」よりも、「強くて激しい程度が大きい・程度がはなはだしい」という意味のニュアンスがある違いもあります。

まとめ

「猛烈」「強烈」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「猛烈」とは「行動・物事の勢いが強くて激しいさま」「程度がはなはだしいこと(強烈よりも程度が強い語感)」を意味していて、「強烈」とは「主に物理的な力・作用・刺激などが強くて激しいこと」「程度が激しいさま」を意味している違いがあります。

「猛烈」「強烈」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典