スポンサーリンク

「猫カフェ」と「保護猫カフェ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「猫カフェ」と「保護猫カフェ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「猫カフェ」「保護猫カフェ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「猫カフェ」とは?

「猫カフェ」の意味と概要について紹介します。

「猫カフェ」の意味

「猫カフェ」「ねこかふぇ」と読みます。

意味は、「店内に猫を放し飼いにして、触れあうサービスを提供するカフェのこと」です。

「猫カフェ」の概要

「猫カフェ」は、店内に猫がたくさん放し飼いにされていて、その姿を眺めたり、触れたりしながらお茶やコーヒーなどが飲めるカフェのことを言います。

お店の飼い猫がたまたま店内にいるのではなく、元から猫と触れあうことを目的としたカフェとして営業しているのです。

お客は飲食代の他に入場料を支払う仕組みで、時間制になっているところが多くなります。

「猫カフェ」にいる猫たちは、営業目的でブリーダーから購入したり、店のオーナーが保護した捨て猫だったり、ご近所から譲り受けたりなど、様々です。

「保護猫カフェ」とは?

「保護猫カフェ」の意味と概要について紹介します。

「保護猫カフェ」の意味

「保護猫カフェ」「ほごねこかふぇ」と読みます。

意味は、「店内に猫を放し飼いにして、触れ合いながらもし相性の良い猫がいれば引き取れるカフェのこと」です。

「保護猫カフェ」の概要

「保護猫カフェ」は、営業スタイルとしては「猫カフェ」と同じですが、猫と触れ合いながら、もしカワイイ、相性がいいと思う猫がいた場合、里親として引き取って飼えるカフェのことを言います。

主に、猫の保護団体が運営しているところが多く、そのカフェにいる猫たちは皆「里親募集の猫」なのです。

「保護猫カフェ」の猫たちは、飼い主が何かの事情で手放したり、保健所から引き取られたりした猫たちです。

来場者とのマッチングの為に営業されている「カフェ」と思って良いでしょう。

「猫カフェ」と「保護猫カフェ」の違い!

「猫カフェ」「店内に猫を放し飼いにして、触れあうサービスを提供するカフェのこと」です。

「保護猫カフェ」「猫カフェのうちで、相性の良い猫がいれば引き取れるカフェのこと」です。

まとめ

今回は「猫カフェ」「保護猫カフェ」の違いをお伝えしました。

「猫カフェは猫と触れ合える」「保護猫カフェは猫を引き取れる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典