スポンサーリンク

「王女」と「姫」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「王女」と「姫」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「王女」「姫」の使い分けに困ったことはありませんか。

この記事では、「王女」「姫」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「王女」とは?

「王女」とは、国王の娘のことです。

君主・大公の娘にも使われる場合があります。

「姫」とは?

「姫」とは、高貴な家の娘に使われる呼び名です。

幼く可愛いもの、というニュアンスを持つ場合があり、現代では幼い女児に対して、あだ名のように使われるケースもあります。

「王女」と「姫」の違い

「王女」「姫」の違いを、分かりやすく解説します。

英語の「プリンセス」という単語は「王女」という意味合いも「姫」という意味合いも両方持っています。

しかし日本語では、「王女」は国王や君主、大公の娘に限定して使われます。

それに対し「姫」は、王などの娘でなくても、高貴な家の娘に対して汎用的に使われます。

例えば「王女」「姫」ですが、「姫」「王女」ではない場合があります。

また、「姫」という言葉には、小さくて可愛いもの、というニュアンスが含まれます。

このため現代では、未婚の女子に対して用いる場合が多く、あだ名としても使用されています。

まとめ

「王女」は国王や君主、大公の娘のことです。

「姫」は国王や君主、大公の娘だけでなく、位の高い家に生まれた娘全般に使われる呼び名です。

「王女」は身分を表す言葉であり「可愛らしいもの」というニュアンスは直接含まれていませんが、「姫」という言葉の中にはそのニュアンスが含まれている場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典