スポンサーリンク

「珍妙」と「珍奇」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「珍妙」と「珍奇」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「珍妙」「珍奇」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「珍妙」とは?

珍しくて変わっていて、どことなくおかしいさを感じられるさまです。

「珍」には、かわっている、こっけいない、「妙」には、不思議、おかしいという意味があります。

このことからも「珍妙」には、変わっていておかしいことを指しているのがわかります。

サッカーの試合後、選手は通用口でユニフォームの交換をすることがあります。

ある選手はすでにユニフォームの交換をしており、自分のシャツがない状態でした。

別の選手にユニフォームの交換を申し出されたとき、シャツがないので代わりにショーツを差し出しました。

その後も別の選手に交換を求められたので、自分が持っているものを交換しました。

こうして最後には、ボクサーパンツ、スパイク、靴下という格好になってしまいました。

この格好は滅多にみられるものではなく、そして変わっています。

さらに、どことなくおかしさも感じられます。

この姿は「珍妙」だといえるでしょう。

「珍妙」の使い方

珍しくて変わっていて、おかしさがあるさまを指して使用をします。

人、動物、物などの姿、発言などに使うことが一般的です。

「珍奇」とは?

珍しくて変わっていて、普通とは違っているところがあるさまです。

「奇」には、めずらしい、ふつうでないという意味があります。

このことからも、「珍妙」には珍しくて普通ではないという意味であることがわかります。

植物の中には変わった形のものがあります。

一般的には、草本の場合は茎から枝を出して葉をつける形をしており、樹木の場合は太い幹からそれよりも細い枝が出て、葉をつけます。

高さが10cmにも満たず、幹がでっぷりと太く、そこから小さな葉を出す植物もあります。

普段見慣れている植物とは違った形で珍しいです。

たとえば、観葉植物として栽培されるオペルクリカリア・パキプスやパキポディウム・グラキリスは、珍しい形をしていて、普通とは違います。

この植物の形は「珍奇」だといえるでしょう。

「珍奇」の使い方

珍しくて変わっているさまを指して使用する言葉です。

人・動物・物の形や発言などに使用をします。

「珍妙」と「珍奇」の違い

どちらの言葉にも「珍」という漢字が使用されており、珍しいという意味がありますが、やや意味合いが異なります。

「珍妙」は珍しくておかしさがあるさまをいいます。

「珍奇」は珍しくて風変りなさまをいいます。

「珍妙」の例文

・『珍妙な動きをみせる』
・『珍妙な絵を描いた』
・『子供たちの珍妙な解答』
・『珍妙な発言をする』

「珍奇」の例文

・『珍奇な名前の植物』
・『珍奇な姿の動物』
・『珍奇な装置を開発した』
・『この動物園には珍奇な動物が集まっています』

まとめ

珍しいという点では意味が似ているのですが、一方はおかしいさま、もう一方は風変わりなさまを指している点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典