スポンサーリンク

「現場調査」と「現地調査」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現場調査」と「現地調査」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「現場調査」「現地調査」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「現場調査」とは?

「現場」には、事件や事故が起こった場所、実際に作業をする場所という意味があります。

現在そういうことが起こっている、過去に起こったことがあるという意味を含んでいます。

「調査」は、物事の実態や動いていく方向を明確にするために調べることです。

つまり、「現場調査」は事件や事故が起こった場所、実際に作業をする場所の実態を明確にすることという意味になります。

「現地調査」とは?

「現地」には、あることが実際に行われている場所や土地、行う予定がある場所や土地、または現在自分が住んでいる土地を意味します。

現在自分が住んでいる土地を調べることはあまりないので、「現地調査」という場合には、あることが実際に行われている、または行う予定がある場所や土地の実態を明確にすることという意味になります。

「現場調査」と「現地調査」の違い

「現場調査」「現地調査」は、ほぼ同じ意味です。

違いは、「現場調査」は現在実際に起こっている、または過去に起こったことがある場所なのに対し、「現地調査」は現在実際に起こっている、または起こる予定がある場所を意味しています。

また、「現場調査」は事件や事故に関係するときに使用されることが多いです。

まとめ

「現場調査」「現地調査」は、ほとんど同じ意味ですが、「現場調査」は事件や事故に関係することに使われる言葉といったような違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典