「現段階」と「現時点」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現段階」と「現時点」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「現段階」「現時点」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「現段階」とは?

「現段階」の意味と使い方について紹介します。

「現段階」の意味

「現段階」は、「げんだんかい」と読みます。

意味は、「ものごとが進行している中で、一つの区切りとして今ある状態」です。

「現段階」の使い方

「現段階」は、ものごとが進行している時に、順番や過程として捉えた今の状態のことを言います。

基本的に、何かの目的に向かって進めていることが、現在どの様な過程にあるのかを表す時の表現です。

ものごとの過程を「区切り」の集りと捉え、一つの区切りごとに順番に進めていく時に使われます。

「現段階では特に問題はありません」は、今の過程の中では問題ないので、次の過程に進めるという意味です。

「現時点」とは?

「現時点」の意味と使い方について紹介します。

「現時点」の意味

「現時点」「げんじてん」と読みます。

意味は「ある流れている時間の中にある一瞬や一点のこと」です。

「現時点」の使い方

「現時点」は、ある時間が流れているなかで、特定の一瞬や一点のことを言います。

その時間は、誰でも持っている共通の時空ではなく、ある特定のものごとに対してのみ、それが始まってから流れている時間のことを言います。

そのものごとに関して進んでいる時間の中の、ある一点を表す言葉で、「現」がついていることで、「今正にその時」を表します。

「現時点では何も決まっていません」は、「今この時には何も決まっていない」という意味で、数分後、数時間後には何か決まる可能性もあるのです。

「現段階」と「現時点」の違い!

「現段階」「ものごとが進行している中で、一つの区切りとして今ある状態」です。

「現時点」「ある流れている時間の中にある一瞬や一点のこと」です。

まとめ

今回は「現段階」「現時点」の違いをお伝えしました。

「現段階は今ある状態」「現時点は今この時」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典