スポンサーリンク

「理性がない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理性がない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「理性がない」【りせいがない】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「理性がない」とは?意味

「理性がない」【りせいがない】とは、人間の内面に備わる物事を判断する能力の一つであり、これが欠けている人のことを意味しています。

本来であれば、人には本能で行動してしまうことを抑制するための理性が備わっているのですが、これがうまく働かないと、人が嫌がるような行動を平気でしたり、精神的に傷つけてしまう言動を言い放つ場合があります。

また、どれが本当に良いことなのか、悪いことか判別する能力も失われてしまいますので、道理をわきまえない行動や言動を見せて、問題に発展することもあるのです。

このように、善悪の区別なく行動し、人の気持ちも考えずに思ったことを口にする人を「理性がない者」と言い、忌み嫌います。

「理性がない」の概要

物事を判断するときは道徳によってうまく論理し、思考することでどの行動が正しいのか、悪いのかが区別できるため、自分に対して正しい判断を持った意識を与えられます。

しかし、この道徳が欠損している状態の人は、物事をどう判断すればいいのか分からなくなりますので、人から借りた物を返さなくてもいい、一方通行の道路でも人がいなければ車で走行してもいいという法律で決められたことさえ簡単に無視した行動してしまいます。

行動に移す前に、頭の中で一度物事の順序や方法を考えて行動することが大人としての道理であり、マナーでもありますが、それらができない人は「理性がない」と言われてしまう、残念な者になってしまうわけです。

「理性がない」の言葉の使い方や使われ方

人を傷つけてはいけないし、家の中に無断で入ってはいけないと判断して行動を抑制するのは理性がある人間にとって当然のことですが、この判断ができなければ人の物を盗んだり、無断で家に入る「理性がない人」と言われてしまいます。

主に、人に対して使う言葉であり、悪い行いを平気でしたり、人の傷つくような言葉を言い放ち、精神的に傷つけるような人に対しても使われています。

自分はどうも意のままに動き、周囲を動揺させるような人間であるなと思うときや、人のことを考えずに行動する人、話をする相手に対して「理性がない愚かな者」と言い表します。

「理性がない」を使った例文(使用例)

・『理性がない人はすぐに感情をあらわにするので付き合いにくい』
・『近所に住む主婦は夜間でも大きな声で歌う姿に理性がないと感じてしまう』
・『本能のまま行動する動物には理性がないのでいきなり噛み付いたり、走り回る行動が見られる』
感情をあらわにする人は自分でうまく気持ちが抑えられず、静かにする状況なのに大声を出したり、暴れることがあるところが恐ろしくて付き合えないのです。

しかし、人間は理性を持つ生き物ですので、うまく感情や本能を抑制し、行動できないようであれば自分を見つめ直すことでうまく道徳を持った行動ができるようになります。

まとめ

しっかりした理由を掲げて、やっていいことと駄目なことを判別するのは理性がある人間にはとても大事なことです。

しかし、「理性がない」人は本能のまま行動してしまうので、周囲に迷惑をかけるばかりではなく、不安にさせてしまいます。

このような「理性がない」人にならないためにも、行動する前に、本当にこれは正しいのか考える力を養うことが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典