スポンサーリンク

「理想体重」と「標準体重」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理想体重」と「標準体重」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「理想体重」「標準体重」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「理想体重」とは?

「理想体重」「りそうたいじゅう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「自分がそうありたいと思う最高の状態の目方」という意味で、モデルや有名人など、憧れの人の体重のことを言います。

2つ目は「自分にとって最も適していると思われる身体の目方」という意味で、年齢や身長などと比較して、実現しうる見た目や健康上最も良いと思われる体重のことを言います。

上記に共通するのは「自分にとって最善の体重」という意味です。

「理想」は、「人が心に描き求める、それ以上望むところがない完全な状態」「理性的に考えて実現するに最善の状態」という意味です。

「理想体重」の使い方

「理想体重」「自分がそうありたいと思う最高の状態の目方」「自分にとって最も適していると思われる身体の目方」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「理想体重だ・である」「理想体重に近づく・近づいた」などと使われます。

主観的に考えて自分がそうありたいと思う体重のことであり、目標がモデルや芸能人である場合、痩せ過ぎの体重を追い求めることもあります。

「標準体重」とは?

「標準体重」「標準体重」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ある判断の目安になる身体の目方」という意味で、メタボや肥満など健康を判断したり、ダイエットする基準になる体重のことを言います。

2つ目は「平均的な身体の目方」という意味で、年齢や身長などと照らし合わせて、中間的な数値である体重のことを言います。

上記に共通するのは「基準となる体重」という意味です。

「標準」「判断のよりどころとなるもの」「平均的な数値」という意味です。

「標準体重」の使い方

「標準体重」「ある判断の目安になる身体の目方」「平均的な身体の目方」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「標準体重だ・である」「標準体重以上だ・以下だ」と使われたりします。

世間一般のデータなどから客観的に導き出した体重のことで、自分と比較して判断する時に使われます。

「理想体重」と「標準体重」の違い

「理想体重」「主観的に考えて自分がそうありたいと思う体重」「自分にとって最善の体重」という意味です。

「標準体重」「世間一般のデータなどから客観的に導き出した、ある判断をする基準となる体重」という意味です。

「理想体重」の例文

・『理想体重になる為にダイエット中だ』

・『彼女の理想体重は痩せすぎて不健康だ』

・『理想体重になるにはあと10キロは痩せないといけない』

・『私の理想体重は55キロだ』

「標準体重」の例文

・『子供は今標準体重より多少軽くても心配はいらない』

・『メタボ検診で標準体重をはるかにオーバーしていた』

・『会社の健康診断で標準体重以下だった』

・『中年になると標準体重も増えてくる』

まとめ

今回は「理想体重」「標準体重」について紹介しました。

「理想体重」「自分が目指す体重」「標準体重」「ある判断の基準となる体重」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典