「理解力」と「読解力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理解力」と「読解力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「理解力」「読解力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「理解力」とは?

「理解力」の意味と使い方について紹介します。

「理解力」の意味

「理解力」「りかいりょく」と読みます。

意味は「ものごとの道理や筋道が分かり、意味や内容を把握すること」「他人の気持ちや立場を察すること」です。

「理解力」の使い方

「理解力」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「ものごとの道理を悟り、意味や内容を飲みこむこと」という意味で、見たり聞いたりしたものごとに対して正しく内容を把握して、意図や求められていることなどを悟る能力のことを言います。

目の前で起きる出来事や、与えられた情報や、文章などへの適応力を表す言葉です。

2つ目は「人の気持ちや立場を察すること」という意味で、その場の雰囲気を察して、自分のするべきことを判断できる能力のことを言います。

2つの意味に共通しているのは「ものごとの意味や内容を分ること、察する能力」です。

「読解力」とは?

「読解力」の意味と使い方について紹介します。

「読解力」の意味

「読解力」「どっかいりょく」と読みます。

意味は「文章を読んで、内容を正しく把握する能力」です。

「読解力」の使い方

「読解力」は、ある文章を読んで、その内容や意味するところが分かる能力のことを言います。

書物やメール、インターネット記事などから情報を読んで、正しく内容を把握する能力のことです。

更に、その文章の内容に対して自分なりの見解を持ち、文章に書かれていない部分まで推察できる力があることまで含まれます。

上記で紹介した「理解力」のうち、文章を理解する能力に対して使われます。

「理解力」と「読解力」の違い!

「理解力」「ものごとの意味や内容を分ること、察する能力」です。

「読解力」「文章を読んで、内容を正しく把握する能力」です。

まとめ

今回は「理解力」「読解力」の違いをお伝えしました。

「理解力はものごとの意味や内容を分ること」「読解力は文章の意味や内容を分かること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典