「生かす」と「活かす」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「生かす」と「活かす」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生かす」「活かす」の違いを分かりやすく説明していきます。

「生かす」とは?

「生かす」の意味と使い方について紹介します。

「生かす」の意味

「生かす」「いかす」と読みます。

意味は「一度命がなくなったものを蘇らせる」「命を長らえさせる」「有効に使う」「一度消した表記を復活させる」になります。

「生かす」の使い方

「生かす」は、「一度息絶えたものを蘇らせる」「動物・植物の生命を長持ちさせる」という意味があります。

元の意味は「そのものが持っている生命を維持する」という意味で、ここから「そのままだと埋もれてしまう様なものを有効利用して、本来の役割を取り戻させる」という意味でも使われる様になりました。

こちらの意味は「有効に使う」という意味から「活かす」と表記されることもあります。

いずれにしても、「生命を宿す、又は宿した様にいきいきと動かす」という意味で使われています。

「活かす」とは?

「活かす」の意味と使い方について紹介します。

「活かす」の意味

「活かす」「いかす」と読みます。

意味は「生かす」と同じですが、中でも「有効に使う」「活用する」になります。

「活かす」の使い方

「活かす」は、辞書では「生かす」と同じ意味ですが、実際には使い分けがあります。

「あるものの性質や長所を有効に活用すること」として、そのままだと役に立たないまま終わってしまい経験や能力を、何らかの形で引き出す時に使われるのです。

「活かす」は常用外漢字である為に、新聞やメディア、公用文書には使われず、「生かす」で統一されています。

何かを有効的に働かせる時に「活用」というニュアンスを含んだ言葉ですが、プライベートな文章以外は「生かす」を使った方が良いでしょう。

「生かす」と「活かす」の違い!

「生かす」「活かす」の違いを、分かりやすく解説します。

「生かす」「生命を復活させたり維持させること」です。

「活かす」「能力や長所などを有効利用すること」です。

まとめ

今回は「生かす」「活かす」の違いをお伝えしました。

「生かすは生命を維持すること」「活かすは有効利用すること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典