スポンサーリンク

「生き急ぐ」と「死に急ぐ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生き急ぐ」と「死に急ぐ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生き急ぐ」「死に急ぐ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生き急ぐ」とは?

読み方は「いきいそぐ」です。

この意味は、やるべきことを焦りながら急いですることです。

普通の人がある一定時間かけてやるようなことをもっと短い時間で済ませてしまいたい、あるいは同じ時間が与えられている中で人より多くこなそうとしたりすることです。

例えばダンスが上手くなりたくて、一日3時間しか寝ないであとは練習の時間に充てる、など周りの人からみるとなぜそんなにまで焦って練習するのかと疑問に思うような行動をとることです。

この言葉は人生を人よりパワフルに生きている、というようなポジティブな言葉としても使われますし、また焦りすぎているや落ち着きがない、といったネガティブな表現でも使われます。

この言葉は、やりたいことがあって好きで止まらないというよりは、何かしらの原因からやらなければならないという使命感に駆られての行動に適しています。

「死に急ぐ」とは?

読み方は「しにいそぐ」です。

自分自身の死を早めるように生き急ぐことです。

また、自ら死のうとする事を意味することもあります。

死に急ぐは、死という到達地点へ向かって急いでいる様子から寿命を早めるような生活態度も表します。

この言葉はネガティブな表現にしか使われません。

例えば毎日深酒をしていて、体の調子が悪くなってもやめずにいる場合、周りの人間から見たら死を早める行動を自ら取っているように見えます。

また、どう見ても死ぬ可能性が高い事をしようとしたりする行動を言います。

この場合、本人が死ぬという意識があってもなくても使うことができます。

「生き急ぐ」と「死に急ぐ」の違い

「生き急ぐ」は何かを成し遂げるための努力の一環として焦ったり急いだりすることです。

一方「死に急ぐ」は最終地点が死に向かっていることから、何かの目標とは関係なく、死に近づいてしまうような行動を取ってしまうことです。

同じ「急ぐ」という言葉がついていますが、生き急ぐの方では努力するとか行動するようなニュアンスが含まれますが、死に急ぐの方では努力しないや不摂生で何もしないのようなニュアンスがあります。

「生き急ぐ」の例文

・『彼は若いうちからに寝ずに働き、今では企業を立ち上げているが、生き急いでいるように見える』
・『そんなに生き急ぐな、時間はまだある。』

「死に急ぐ」の例文

・『今、火が燃え広がっている家に戻れば、死を急いでいるようなものだ』
・『そんな食生活では死に急いでいる』

まとめ

この2つの言葉は似ていますが、意味は全く違う物です。

「生き急ぐ」は本人は努力しているだけ、という意識が強いと思いますが、周りからみたら度を超えているような状態を言います。

また、「死に急ぐ」は本人自身も長生きしたい、という感情はない場合が多いと言えます。

どちらにしても急ぐことにあまりメリットはなさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典