「生徒会長」と「学級委員長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生徒会長」と「学級委員長」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生徒会長」「学級委員長」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生徒会長」とは?

「生徒会長」の意味と概要について紹介します。

「生徒会長」の意味

「生徒会長」「せいとかいちょう」と読みます。

意味は「学校で生徒による自治的な組織をとりまとめる役割のこと」です。

「生徒会長」の概要

「生徒会長」は、小学校・中学校・高校において、生徒により自治的な組織のとりまとめ役となる人のことを言います。

一般的には最高学年の生徒の中から立候補、推薦されて、選挙により決められます。

各委員会活動の報告を受けたり、学校内での定期的な目標を設定したり、文化祭などのイベントを取り仕切ることもあります。

また、中学校・高校では校則の見直しをして、改善したい内容については教師と交渉も行います。

成績が優秀な生徒よりも、積極性があり他の生徒から信頼される人が選ばれることが多くなります。

「学級委員長」とは?

「学級委員長」の意味と概要について紹介します。

「学級委員長」の意味

「学級委員長」「がっきゅういいんちょう」と読みます。

意味は「学校で、各学級をとりまとめる役割をする生徒のこと」です。

「学級委員長」の概要

「学級委員長」は、「クラス委員」「学級代表」などとも呼ばれ、小学校・中学校・高校において、各学級をとりまとめる役割をする生徒のことを言います。

担任の教師とクラスメイトとの連絡役となったり、ホームルームで司会を務めたりします。

また、定期的に「代表委員会」に出席して、各学級や学年との情報交換も行います。

「生徒会長」と「学級委員長」の違い!

「生徒会長」「学校で生徒による自治的な組織をとりまとめる役割のこと」です。

「学級委員長」「学校で、各学級をとりまとめる役割をする生徒のこと」です。

まとめ

今回は「生徒会長」「学級委員長」の違いをお伝えしました。

「生徒会長は全校生徒のまとめ役」「学級委員長はクラスのまとめ役」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典