スポンサーリンク

「生活保護」と「ナマポ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生活保護」と「ナマポ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生活保護」「ナマポ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生活保護」とは?

「生活保護」とは、国民が最低限の生活を送ることができるように整えられた制度です。

持病の悪化やケガ、離職などにより収入が減った際、生活することができない人に対し支給される制度で、無償で当面の生活費を援助する制度です。

ただし、そう簡単に誰でも「生活保護」を受けることができるわけではなく、様々な基準を満たす必要があります。

「生活保護」を受ける前には、土地や貴金属といった資産はすべて売却し、まずは、生活費に充てる必要があります。

また、身内からの経済的援助を受けることができる場合は、「生活保護」を受給することはできません。

申請先は居住地の福祉事務所で、相談のみでも受け付けています。

ケースワーカーによる指導や受給額のシミュレーションなどを行い、そして、様々な審査をクリアし「生活保護」を受給することができるようになります。

「生活保護」の使い方

「生活保護」には、「生活保護」を受給している人を意味する「生活保護受給者」やその費用を意味する「生活保護費」

「生活保護受給条件」など、「生活保護」に対する使い方があります。

「ナマポ」とは?

「ナマポ」は、「生活保護」自体や「生活保護」を受けている人を指す言葉です。

ただし、「生活保護」を受けている人を単に意味する言葉ではなく、軽視してみている言い方、軽蔑してみている言い方となります。

「ナマポ」は、「生活保護」「生(ナマ)」「保(ホ)」から作られた略語です。

「ナマポ」の使い方

「生活保護」を受けている人を指す中でも、軽視している呼び方として用いられることが多い「ナマポ」

以前、芸人の親族が「生活保護」を受けていたことが発覚した際、「ナマポ芸人」と言われることがありました。

「生活保護」と「ナマポ」の違い

「生活保護」受給者を揶揄するような使い方となる「ナマポ」

そのため、病気やケガなどでどうしても働くことができないような人に対して「ナマポ」を使用することはありません。

どちらかと言えば、不正受給と思われるような人に対し用いられる言葉が「ナマポ」となります。

「生活保護」の例文

・『大黒柱である夫が倒れ、無臭にになった我が家。食べていくためには、生活保護を申請するしかありません。』

・『少しでも早く、生活保護から抜け出したいと頑張って就活しているところです。』

・『絶対に生活保護だけは受けたくないと、今は、一生懸命、目の前の仕事に取り組んでいます。』

・『生活保護は素晴らしい制度だと思うが、不正受給は許すことができない。』

「ナマポ」の例文

・『あの人は、ナマポのくせに、毎日、パチンコ三昧です。』

・『働かずにご飯を食べることができるナマポ生活は快適だ。』

・『私も、こんなに苦しい思いをして働くのなら、あの人のようにナマポになりたい。』

・『人生において、ナマポは勝ち組と言えるのではないだろうか。』

まとめ

以上のことから、「ナマポ」を使用する際は、相手を傷つけることにもなりかねないため、最善の注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典