スポンサーリンク

「生産性向上」と「業務効率化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生産性向上」と「業務効率化」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生産性向上」「業務効率化」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生産性向上」とは?

「生産性向上」とは、組織の生産性について高める取り組みの事を指します。

「生産性向上」「生産性」とは、企業が投入した経営的な資源において、どれだけの成果があったかという効率の事を言います。

例えば、従業員1人が10個の物を生み出した場合は、生産性は10となり、1人の従業員が15個の物を生み出した場合、生産性は15になります。

この時、生産できたものは10個から15個に増加しているため、「生産性」は高くなったと言えます。

この生産性を高めようとする取り組みを「生産性向上」と呼ぶのです。

「生産性向上」をする事によって、企業にとっては様々なメリットがあります。

企業にとって人手不足は常に悩みの種です。

それを補うのが「生産性向上」によって従業員一人に対する生産性が増える事で人手不足の解消に繋がるという事になります。

そしてその結果、「生産性が向上することによって同じ労働時間でより高い成果を出す事になり、労働環境の向上が出来るという事になります。

「業務効率化」とは?

「業務効率化」とは、非効率とされている事をより効率化するために改善する取り組みを指します。

従業員ごとの作業数のバラつきや、無駄な作業を減らす事で、より効率的な業務をする事を目的としています。

「業務効率化」をする事で、時間的なロスの削減につながり、ひとつの作業にかかる時間を減らす事で、残業を減らし従業員にとっても労働環境の向上が期待できるうえ、企業に取っても人件費の削減に繋がります。

また労働環境が改善さる事により、従業員の働くという事に対しての意識が向上し、さらなる環境の上昇に繋がるのです。

「業務効率化」をした結果、時間を有効に使う事ができるので、新しい取り組みをする事も可能となるわけです。

「生産性向上」と「業務効率化」の違い

「生産性向上」とは、投入した資源に対してどの程度の成果があったかという効率性を計るもので、その行動や取り組みは成果に直結する事が重要になってきます。

「業務効率化」は、効率的に作業を進めるための取り組みを指すため、結果的には「生産性向上」に繋がっていくという事になります。

「業務効率化」によって影響される「生産性向上」は微々たるものであり、「生産性向上」の取り組みは様々なものがあるという事になります。

まとめ

企業は「生産性向上」のために様々な取り組みをします。

投入する資源自体を少なく抑え、生産性を高めたり、生み出す結果を増やす事で生産性をたかめたりその方法は様々です。

その中の一つの方法として、非効率とされている事を効率化する「業務効率化」によって、「生産性向上」を目指すという事になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典