スポンサーリンク

「用言」と「体言」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「用言」と「体言」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国語の文法の勉強をしていると、「用言」「体言」の線引きができなくて迷うことがあります。

この記事では、「用言」「体言」の違いを分かりやすく説明していきます。

つまずきやすいポイントを熟知して、さらに自信をつけていきましょう。

スポンサーリンク

「用言」とは?

国語の文法で、とくに判別が難しいのが用言です。

用言とは変化できる言葉のこと。

たとえば動詞・形容詞・形容動詞が用言にあてはまります。

日本語の文は主語と述語というセットでつくられていますが、この述語にあたる部分が用言なのです。

たとえば「犬は吠える」だと吠えるの部分が用言になります。

「洞窟は真っ暗だ」だと真っ暗だの部分が用言になります。

何がどうしたのか、またはどうしているのか。

このどうしているの部分が用言になるのです。

用言は現在形や過去形・命令形など、その時に応じて形が変化していきます。

たとえば「泳ぐ」も過去なら「泳いだ」、命令だと「泳げ」になります。

このように形が変わることを、活用するとよんでいます。

述語であって、活用できるもの。

それが用言の定義です。

「体言」とは?

用言とセットで覚えておきたいのが体言になります。

体言とは名詞または代名詞をあらわす言葉です。

簡単にいえば、文の中で主語にあたる箇所のことです。

たとえば「海は青い」という文章なら、海が体言にあたります。

また「バナナは黄色い」だとバナナが体言にあたります。

体言は主語にあたるので、変化や活用することはありません。

海もバナナという名前そのものは、決して変わることがないからです。

ちなみに体言かどうか見極めるヒントとして「は」「が」などの言葉を補ってみる方法があります。

この言葉を補ってみて、文として成立するのであれば体言だという証拠になります。

たとえば「山」だったら「山は~」「山が~」はしっくりきます。

違和感がないナチュラルな語なので、体言として考えて大正解です。

「用言」と「体言」の違い

テストでも良く問われやすいのが、用言と体言です。

「用言」「体言」の違いを、分かりやすく解説します。

国語力アップのために、もう1度おさらいしておきましょう。

・活用するかしないか

活用とは文の内容によって、言葉そのものが変化することです。

用言は熟語にあたる言葉なので、つかいたい文によって形が変わります。

一方で体言は名詞にあたる言葉なので、どんな文に組み込まれようが変化しません。

用言と体言を見極めたい場合は、活用の有無についてチェックしてみましょう。

まとめ

「用言」「体言」の違いをおさらいしてみました。

どちらも自立語というカテゴリーにはいる言葉です。

用言は文章の述語にあたるもので、そのものの様子や状態をあらわす言葉です。

また体言は主語にもなれる言葉で、活用しない単語になります。

用言と体言の違いを正しく認識して、文法のテストで100点満点を取れるように頑張ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典