スポンサーリンク

「界隈」と「業界」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「界隈」と「業界」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「界隈」「業界」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「界隈」とは?

界隈は「かいわい」と読み、界は範囲内の場所を表し隈はものの隅っこの場所を示している言葉が合わさった言葉になります。

一般的な意味はその周辺や近くにある場所をまとめた範囲になり、端的に言えば「そのあたり一帯」です。

あくまでも「その辺り一帯」になり明確な範囲がなく、線引きがないため大雑把さがあります。

また、地名を付けることで場所を特定する使い方が多く、梅田など有名な地名を組み合わせるような方法が一般的です。

ただし、ある場所の中で特定の住所や店などを指す場合は使うと不自然になり、逆に指している位置が特定できずに探しにくくなります。

このため、吉野家渋谷店などは組み合わせると混乱しやすいですが、渋谷センター街などであれば分かりやすいです。

ネット用語として用いられるときは「ジャンル」「業界」になり、まとまったジャンルや特定分野、業界などを示します。

また、通常では地理的な観点で使われるものの、ネット用語では属性になります。

特定のジャンルでは金融や経済、ファッションなどがあり、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNS上で使われることが特徴です。

「業界」とは?

業界の意味は『企業を産業や商業で分類したもの』になり、就職活動をする際に頻繁に使われます。

業界は小売、商社、広告、金融、サービスなどになり、仕事を探すために自分に適したものを知ることが必要です。

ネット用語でも界隈の中に含まれて混同しやすいですが、主にSNSで就職活動などで用いられる傾向があります。

「界隈」と「業界」の違い

「界隈」はネット用語で「業界」という意味がありますが、実際には指す範囲が変わってきます。

「モバイル界隈」「モバイル業界」よりも範囲が広くなり、大手の携帯電話会社だけでなく関連製品やサービスを扱う会社も含まれます。

このため、界隈は業界よりも範囲が広くなり、関連するものも含むことが特徴です。

界隈と業界の違いはネット用語で共に使われますが、指し示す範囲が異なります。

このため、ネット関連の業者に就職などをする際にはきちんと仕組みを覚え、混乱しないようにすることが大事です。

「界隈」の例文

・『大阪市の本町駅界隈は多くのオフィスビルがある』
・『あのビルの界隈は多くのブランドショップがある』
・『ファッション界隈のTwitterでは渋谷界隈のショップが人気だ』

「業界」の例文

・『飲食業界は近年では利用者が減って厳しい』
・『ファッション業界に就職するためには競争率が高い』

まとめ

「界隈」「業界」と同じような意味で使われますが、あくまでもネット用語になります。

また、「界隈」「業界」だけでなくその関連するジャンルのサービスなども含まれ、範囲が広くなりますが線引きがないため難しいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典