「疑問」と「質問」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「疑問」と「質問」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「疑問」「質問」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「疑問」とは?

「疑問」の意味と使い方について紹介します。

「疑問」の意味

「疑問」「本当かどうか、間違っているのではないかと思うこと」です。

「疑問」の使い方

「疑問」は、本当なのか、間違っているのか、自分では判断できずに迷う気持ちのことを言います。

内容は何でも良く、はっきりとした根拠がなく、信じていいのかどうか分からずにモヤモヤとする時の表現です。

基本的に「疑いを持つこと」という、自分の意思の状態を表す言葉です。

「疑問を抱く」は、心の中に継続的に疑いの気持ちを持ち続けることです。

「疑問を投げかける」は、相手に対して疑っている気持ちを伝え、相手の意見を聞くことです。

「質問」とは?

「質問」の意味と使い方について紹介します。

「質問」の意味

「質問」「質問」と読みます。

意味は、「分からない点や疑わしい点について問いただすこと」です。

「質問」の使い方

「質問」は、分からない点や疑わしい点について問いただし、はっきりさせようとする行動のことを言います。

疑わしいことだけではなく、全く分らないことを誰かに尋ねる時にも使われます。

「質問する」と助動詞を伴って使うことが多く、心の中で思っているだけではなく、実際に相手に問いただして、答えを得るという意味です。

つまり、心の中で思っている状態が「疑問」であり、それを相手に問いただす行為が「質問」なのです。

「質問」は口頭で伝える他に、電話やメール、手紙などでもできます。

「疑問」と「質問」の違い!

「疑問」「本当かどうか、間違っているのではないかと思うこと」です。

「質問」は「分からない点や疑わしい点について問いただすこと」です。

まとめ

今回は「疑問」「質問」の違いをお伝えしました。

「疑問は本当かどうか分からない状態」「質問は相手に問いただすこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典