「疑惑を晴らす」と「疑惑を正す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「疑惑を晴らす」と「疑惑を正す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「疑惑を晴らす」「疑惑を正す」の違いを分かりやすく説明していきます。

「疑惑を晴らす」とは?

「疑惑を晴らす」とは、疑われていることに関して証拠を見せるなど何か方法をとり、不満、疑いを消し「気持ち」をすっきりさせることを言います。

「何もしていないと言うなら黙っていないで、疑惑を晴らすべきだ」「疑惑を晴らすができるわけない、だって彼は真っ黒だ」などと、使います。

「疑惑を正す」とは?

「疑惑を正す」とは、不正や、間違っているとされることを、本当のところはどうなのかはっきりさせることを言います。

間違っているとされることを「正しくする」の意味で「正す」は使います。

もしも、疑惑を厳しく問い調べるという意味ならば「糾す」という漢字をあてます。

「疑惑を正す」とは、疑われていることをはっきりさせるといった意味合いになると覚えておくといいでしょう。

「皆の前で疑惑を正す、いい機会だ」「これまでの疑惑を正すと、彼は去っていった」などと、使います。

「疑惑を晴らす」と「疑惑を正す」の違い!

「疑惑を晴らす」「疑惑を正す」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも疑われていること、不正などに対して使う言葉ですが、「疑惑を晴らす」とは疑われていることに対しての不満、疑いを消して、気持ちをすっきりさせるといった意味で使います。

これは疑う側、疑われている側、双方のもやもやした気持ちを満足させるといった意味合いになります。

一方の「疑惑を正す」とは、疑われていることの内容が間違っていて、事実をはっきりさせるといった意味合いになります。

まとめますと「疑惑を晴らすとは、疑いを消して気持ちをすっきりさせる」「疑惑を正すとは、疑われていることを実際はどうなのかはっきりさせる」と、なります。

疑われて嫌な思いをしている人は「疑惑を晴らす」、疑われている内容が間違っているからはっきりさせる場合は「疑惑を正す」と状況、心情によってふさわしい方を選び使うようにします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「疑惑を晴らす」「疑惑を正す」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

似たような意味合いを持っていますが、この記事を読み、使い分け方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典