スポンサーリンク

「病気の温床」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「病気の温床」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「病気の温床」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「病気の温床」とは?意味

病気が生じやすい環境という意味です。

病気には、糖尿病、がん、脳梗塞、肝炎、クローン病などさまざまな種類がありますが、この言葉が意味する病気とはどのようなものなのかは、意味に含まれていません。

病気とは、生体がその形や生理的・精神的な機能に障害が生じ、本来の機能を十分に果たすことができず、本人に苦痛や不快感が伴う状態のことです。

たとえば頭痛の場合だと、脳や血管などどこかに支障がでており、本来の機能が果たせていないために、痛みが現れています。

痛みによって本人は苦痛や不快感を覚えます。

温床とは、苗を育てるために温かくした苗床の意味と、ある結果が発生やすい環境という意味があります。

前に「病気の」とつく場合は、ある結果が発生しやすい環境という意味になります。

特に悪い結果についていいます。

病気になると苦痛や不快感が伴うので、悪い結果だといえます。

「病気の温床」の概要

病気になる原因はさまざまですが、ある環境では病気が発生しやすくなります。

そういった病気が発生しやすい環境を「病気の温床」といいます。

住環境のことで説明をします。

ウイルスや細菌に触れる機会が多く、その数が多いほど感染症にかかりやすいです。

室内の換気をしないとウイルスや細菌が室内にたまることになり、そこで過ごす人はウイルスなどに触れる機会が多くなります。

人間にはウイルスなどに対抗する力が備わっています。

しかし、その力は弱まることもあり、睡眠不足や栄養不足などが続けば、ウイルスなどに十分に対抗できなくなります。

ウイルスなどに対抗する力は免疫力といいます。

免疫力は体温が下がると低下をしてしまいます。

つまり、寒い住環境は体温を下げ、免疫力を下げてしまう心配があるのです。

不十分な換気、栄養面の偏り、睡眠不足、寒さなどは、病気を作りやすい環境です。

このような環境は「病気の温床」といいます。

病気の種類によって、どういった環境で病気が生じやすいのか異なりますが、体温の低下、免疫力の低下、不衛生な環境は、どのような病気でも発生しやすくします。

「病気の温床」の言葉の使い方や使われ方

生体がその形や生理・精神的機能に障害を起こし、本来の機能を十分に働かせることができず、本人に苦痛や不快感が伴う状態が発生しやすい環境を指して使用する言葉です。

悪い結果が生じやすい環境のことをいいます。

よい結果には使用しません。

「病気の温床」の類語や言いかえ

類語はありません。

強いていえば「病気になりやすい環境」です。

具体的にどのような環境なのか意味に含んでいませんが、不衛生であったり、温度が低すぎたりする環境は、病気を発生しやすいです。

どのような病気なのかも意味に含んでいません。

まとめ

病気は好ましくないものとされています。

好ましくない病気が発生しやすい環境を、この言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典