「痛み」と「苦しみ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「痛み」と「苦しみ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「痛み」「苦しみ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「痛み」とは?

「痛み」の意味と使い方について紹介します。

「痛み」の意味

「痛み」「いたみ」と読みます。

意味は「病気やケガなどにより、肉体的に感じるつらさ」「悩みや悲しみなど心で感じるつらさ」です。

「痛み」の使い方

「痛み」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「病気やケガなどにより、肉体的に損なわれた部分があることにより生じるつらさの感覚」という意味で、周囲から見て分かるものを言います。

神経を通じて肉体的に辛い、自由に動かせないなどの症状が出ます。

2つ目は「悩みや悲しみなどにより、心でつらいと感じること」という意味で、周囲から見ても分からないものです。

その人の内面の辛さであり、「心の痛み」などと使います。

「苦しみ」とは?

「苦しみ」の意味と使い方について紹介します。

「苦しみ」の意味

「苦しみ」は、「痛みや悩みにより生じる、精神的なつらさのこと」です。

「苦しみ」の使い方

「苦しみ」は、様々な「痛み」を感じることにより、精神的につらさを感じることを言います。

「痛み」は上記で紹介した様に、「肉体的なもの」「精神的なもの」があります。

「苦しみ」は、どちらの意味でも「痛み」を感じることにより、更に精神的に追い詰められてしまい、「今の状態でいるのが辛い」と強く思い悩むことを言います。

その理由は、外因的なこともあれば、性格的にネガティブで勝手に感じてしまうこともあります。

周囲から見て辛いのが分ることもあれば、全く気付かれないことも多くあります。

「痛み」と「苦しみ」の違い!

「痛み」「肉体的、精神的に感じるつらさのこと」です。

「苦しみ」「痛みや悩みにより生じる、精神的なつらさのこと」です。

まとめ

今回は「痛み」「苦しみ」の違いをお伝えしました。

「痛みは身体や心で感じるつらさ」「苦しみは痛みより精神的につらいこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典