「痛烈批判」とは?意味や言い換え!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「痛烈批判」とは?

「痛烈批判」とは「手を緩めることなく厳しい指摘をすること」「全くためらうことなく、厳しく評すること」という意味になります。

「痛烈批判」の読み方

「痛烈批判」「つうれつひはん」という読み方になりますが、ここで間違いのないように正しく理解しておきましょう。

「痛烈批判」を分解して解釈

「痛烈批判」「痛烈」「批判」の2つの言葉に分けて、それぞれの言葉の意味を解釈していくことにします。

「痛烈」

「痛烈」「攻撃、批判などが非常に激しく行われること」という意味になります。

「批判」

「批判」は、「良い所、悪い所をはっきり見分けて、評価すること」ということになります。

「痛烈批判」の表現の使い方

「痛烈批判」「厳しく評価する」という意味になりますので、芸術作品や論文などが評価されるような場面で使われることになります。

この時の「痛烈批判」のニュアンスは、かなり厳しいきつい評価がされてしまうという感じになるでしょう。

「痛烈批判」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「痛烈批判」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「痛烈批判」を使った例文1

「彼女は彼を日頃の言動を痛烈に批判したのです。それだけ彼の性格が悪いということです」

人を「痛烈批判」するということは、その相手がかなり特出したキャラクターの人物像だということを指しています。

この例文でも、ある女性が男性を「痛烈批判」していますが、それは相手の人間に性を否定するまでに強いメッセージなのかもしれません。

「痛烈批判」を使った例文2

「今度のマーカス監督の最新作は、メディアで痛烈批判された」

この例文は、ある映画の質の悪さに「痛烈批判」をメディアで受けたことを言っています。

このように映画や映画のことを「痛烈批判」する場面はよくありますが、それであっても、興業収入はとても良い結果に終わることができたというケースも少なくありません。

「痛烈批判」の類語や類義語・言い換え

「痛烈批判」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

「激しい批判を浴びせる」【はげしいひはんをあびせる】

「激しい批判を浴びせる」という言葉が「痛烈批判」の類義語として挙げることができます。

「厳しい批判を止めどなく相手に出す」という意味で使われます。

「容赦なく批判する」【ようしゃなくひはんする】

「容赦なく批判する」も類義語の1つとして扱うことができます。

「遠慮や、情による手加減などが全くないこと」という意味で使われています。

このようなことを言い続けられると、本人場面はかなり精神的に参ってしまうことになります。

とても怖いことなので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典