スポンサーリンク

「発展」と「発達」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発展」と「発達」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「発展」「発達」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発展」とは?

最初に「発展」(はってん)の意味をご説明致します。

「発展」とは、対象になる物事などが、どんどん広がり、次第に盛んになることです。

また、物事が進化していくことも表現できます。

「発達」とは?

次に「発達」(はったつ)の意味を解説していきます。

「発達」の方は、心身の成長を表したり、従来の機能などが、より進化を遂げ、性能などが向上し、それらの持つ力を十分に発揮していることを表しております。

また、規模などが拡大するときにも使えます。

「発展」と「発達」の違い

ここでは「発展」「発達」の違いを取り上げてみましょう。

「発展」の方は、対象としていることが、広がりを見せて、勢いが凄いことです。

進化なども表現する際に使います。

「発達」の方は、精神や体などが成長し、完璧に機能することです。

また、持ち合わせている性能などが、更に進化して、その性能を存分に発揮することです。

規模の拡大をも表すときにも使われます。

「発展」と「発達」の使い方の違い

この項目において、「発展」「発達」の使い方の違いを解説します。

「発展」を使うときは、対象にしていることが、進化して、広がりをみせて盛んなさまなどを表現するときに使います。

「発達」の場合は、心身の成長や、規模の拡大、性能などが改善されて、もっと良い性能を発揮するようになった場合などに使えるのです。

それぞれの使い方を書いてみます。

前者の使い方

「戦後、日本は目覚ましい復興と発展を遂げた国だ」

後者の使い方

「戦闘機の性能が発達した」

「発展」と「発達」の英語表記の違い

それでは「発展」「発達」の英語表記の違いを取り上げます。

「発展」を英語表記に直すと、“development”になります。

そして、「発達」の場合も“development”です。

それぞれの例文を書きます。

前者の例文

“The momentum of China’s economic development does not stop”(中国の経済発展の勢いが止まらない)

後者の例文

“Puberty is a period of physical and mental development”(思春期は心身ともに、発達を遂げる時期です)

「発展」を使った例文

ここでは「発展」を使った例文を書いていきます。

・『ビジネスを発展させるには、志が同じ者の協力が必要だ』

・『些細な口論から、事件に発展してしまったようだ』

・『音楽における、音作りは日々発展をしている』

・『発展途上国を何とか支援していきたい』

・『発展させるには、いいアイデアが必要不可欠なのだ』

「発達」を使った例文

最後に「発達」を使った例文を書きます。

・『息子は精神が発達したようだ。僕なんかより、大人になってしまった』

・『文化が発達しているようです』

・『金融機関の機能も、日進月歩で発達を見せている』

・『航空機と空母が同時期に発達したので、機動部隊というのが誕生した』

・『心身の発達は、親にしてみると、嬉しいものである』

まとめ

まとめとして、「発展」とは、対象の物事が、勢いがついて広がり、もっと進化していくさまです。

「発達」とは、心身の成長や規模が大きくなっていくことになります。

また、従来の機能が改良され、より良い性能が発揮されることなども表現できるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典