スポンサーリンク

「発想力」と「想像力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発想力」と「想像力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「発想力」「想像力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発想力」とは?

「発想力」は一つの物事に対してアイデアを生み出す力のことをさします。

「発想力が豊かである」とすることで物事に対するアイデアをたくさん持つ人物であるとすることが可能です。

そのため、「発想力」は物事を創造する力になり、養うことは不可能といえ、持って生まれた才能の一つになるのです。

「発想力」の使い方

「発想力」の使い方は、アイデアを出すことが得意な人物に対して、「発想力」があるや豊かであるとすることで周囲の人物と異なりアイデアを生み出す人材であるとする場合用います。

半面、アイデアを生み出すことができない人物に対しても「発想力」がないとすることでアイデアを生み出さない人間であるとすることも可能です。

また、「発想力」は、周囲が自然とその対象となる人物などに対してアイデアを生み出すものであると認識した場合用いるため、多少の思い付き程度で誰もが考えることを「発想力」という言葉を用いて表現することはまれになります。

つまり、「発想力」は非凡な考えの場合、誰もが一度は考えることを「発想力」とは言わないのです。

こうした似たような考えは「発想力」と言わずただの意見として片づけることが多いです。

「想像力」とは?

「想像力」はどうなるかという結末を考えることができる力です。

「発想力」と異なり未来がどうなるかという点に着目するため個人でも鍛え上げていくことが可能で天性の才能がなくとも自然と身につくのが「想像力」です。

「想像力」の使い方

「想像力」の使い方ですが「想像力」はいわば個人の能力で、どうなるかを考える力を意味すれば「想像力」という言葉を使用可能です。

例を挙げれば、「想像力を働かせる」などは予想する力を働かせることでどうなるかを考えるという意味で使用します。

「発想力」と「想像力」の違い

「発想力」「想像力」の違いはアイデアを生み出すことと、未来を予想してどうなるかを考えるかという違いです。

「発想力」はアイデアを生み出すだけであるため、未来予測はしません。

逆に「想像力」はというと、未来を予測しますが、アイデアを生み出す必要性はありません。

違いは、アイデアを生み出す場合、「発想力」で未来を予測する場合「想像力」です。

「発想力」の例文

・『なんという発想力だ』
この例は、対象者がとても良いアイデアを出すという例です。

この例の場合、対象となるもののアイデアを生み出す力が高いと解釈しますがこれを「想像力」とした場合、どのような結末になるかということを注意深く考えている用心深い人であるという意味へと置き換わります。

「想像力」の例文

・『想像力に乏しすぎる』
この例は、おそらく対象者の未来を見通す力が弱すぎて、おそらく悪い影響を与える結末が見えていないという例です。

この例は、「想像力」という部分を「発想力」に置き換えた場合、アイデアを出すことに乏しいという意味に置き換わります。

まとめ

「発想力」「想像力」の違いですが、「発想力」はアイデアを生み出す力であるという違いがあるのに対して、「想像力」は未来を予測して起こりえる事情がどうであるかを考える力です。

そのため、「発想力」は訓練では身に付きませんが、「想像力」は訓練すれば身に付き、注意深い人間になればなるほどよい結果を想像したり悪い結果をも想像可能でそれらの対処法を考えることも可能です。

逆に、「発想力」はアイデアだけを生み出しますので、失敗することは考慮しておらず、成功すればそれでよし、失敗した場合それも良しという考えのもと成り立っているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典