スポンサーリンク

「発行」と「発売」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発行」と「発売」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「発行」「発売」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発行」とは?

「発行」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「発行」には「図書や新聞、雑誌などを印刷して世に出すこと」という意味があります。

「新聞を発行する」などという文章を作ることができます。

また「紙幣や債券、証明書などを作り、通用させること」という意味もあります。

「証明書を発行してください」などという言葉を、市役所などで行ったことがある人もいるのではないでしょうか。

最後に「流行すること」という意味もあります。

この意味で「発行」という言葉を使うことは現在ではほとんどありません。

そこで、「発行」の意味は、「図書や新聞、雑誌などを印刷して世に出すこと」、また「紙幣や債券、証明書などを作り、通用させること」の2つの意味があることを覚えておきましょう。

「発売」とは?

「発売」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「発売」には「商品を売り出すこと」という意味があります。

新しい商品を売り出そうとするとき、「新商品を発売する」などと言います。

日常的によく使用される言葉になります。

商品を今日から売り出すことを、小売店などが消費者に伝えるとき、「本日発売」という宣伝文句を使うことがあります。

「発行」と「発売」の違い

「発行」「発売」の違いを、分かりやすく解説します。

「発行」という言葉には、大きく分けて2つの意味があり、「図書や新聞、雑誌などを印刷して世に出すこと」という意味、また「紙幣や債券、証明書などを作って通用させること」という意味があります。

一方の「発売」には「商品を売り出すこと」という意味があります。

「雑誌を発行する」という言葉と、「雑誌を発売する」という言葉には、どのような違いがあるかを見ていきましょう。

「雑誌を発行する」には、「雑誌を印刷して世に出すこと」という意味があります。

一方の「雑誌を発売する」という言葉には「雑誌を売り出すこと」という意味があります。

この場合、「雑誌を発行する」のは、出版社の仕事になり、「雑誌を発売する」のは、小売店の仕事になります。

例えば『週刊少年ジャンプ』を「発行」するのは『集英社』で、「発売」するのは、コンビニや書店などの小売店ということになります。

また、「発行数」は100万部だとしても、何かしらの理由があり、小売店が80万部しか「発売」しないということもあるでしょう。

このような時、「発行数」は100万部、「発売部数」は80万部という違いが出ます。

このように「発行」は印刷して世に出すこと、「発売」は売り出すことという大きな違いがあります。

まとめ

「発行」「発売」の違いの違いについて見てきました。

2つの言葉には、大きな意味の違いがありました。

「発行」「印刷して世に出す」「発売」「売り出すこと」という意味を持つことを覚えておくと、容易に使い分けることができるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典