「発言」と「言動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発言」と「言動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「発言」「言動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発言」とは?

「発言」とは、実際に言葉を口に出すこと、意見を言うことという意味になります。

またその言葉、意見のことでもあります。

「発言力」という言葉がありますが、これは意見を言って、他を導く、従わせる力という意味です。

「彼は、発言力が弱い」「この会議では、全員自由に発言できる」などと、使います。

「言動」とは?

「言動」とは、「言葉と行動」という意味になります。

例えば「彼は日頃の言動に問題が多く、みんなに嫌われた」などと言いますのは、人に対しての言葉遣いと振舞いに問題があり嫌われたという意味になります。

「発言」と「言動」の違い!

「発言」「言動」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は意味が違いますので、混同しないようにしてください。

「発言」とは実際に口にしたこと、意見という意味です。

例えば、気持ちを文章に表した場合は「発言」ではありません。

一方の「言動」とは言葉と行動ですので、実際に発した言葉と、行動、この二つがセットです。

ある人の言ったことが許せないといった場合は「あの人の発言内容は許せない」となります。

また人に対しての態度、その人の行動、発言内容などがまとめて問題であるといった場合は「このまま、あの言動は見過ごしておけない」「普段から言動に問題が多い」などと言うわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「発言」「言動」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、ふさわしい方を選び使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典