スポンサーリンク

「百貨店」と「ショッピングセンター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「百貨店」と「ショッピングセンター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「百貨店」「ショッピングセンター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「百貨店」とは?

「百貨店(ひゃっかてん)」とは、「本来は商品を仕入れて、自社の販売員が販売することで利益を得る小売業(物品販売業)」です。

「百貨店」の特徴として、「人通りの多い駅前・商店街付近などの都心型の立地展開」「建物は天井の高さが低めのビル型の店舗構造」があります。

「ショッピングセンター」とは?

「ショッピングセンター」とは、「テナントの店舗(会社)に一定のスペースを貸してその賃料(家賃)を収入源としている不動産賃貸業」です。

「ショッピングセンター」の特徴として、「自動車による来客を前提にした郊外型のリッチ展開」「建物は天井が高くて開放的な複合商業施設型の店舗構造」があります。

「百貨店」と「ショッピングセンター」の違い!

「百貨店」「ショッピングセンター」の違いを、分かりやすく解説します。

「百貨店」「ショッピングセンター」は現在ではどちらも「テナント貸しをする不動産賃貸業」に近くなっていますが、本来は「百貨店」「自社で仕入れて商品を対面販売する小売業」であり、「ショッピングセンター」のほうは「テナントの店舗にスペースを貸して賃料を得る不動産賃貸業」であるという違いがあります。

また「百貨店」「顧客とマンツーマンで向き合う丁寧な対面販売」が前提で、「ショッピングセンター」のほうは「売り場に商品を並べてお客が自分で選ぶセルフ販売」が前提という違いも指摘できます。

「百貨店」「日本百貨店協会」に加盟していますが、「ショッピングセンター」「日本チェーンストア協会」などのスーパー業界に加盟している違いもあります。

まとめ

「百貨店」「ショッピングセンター」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「百貨店」とは「自社で商品を仕入れて販売することが前提の小売業・物品販売業・都心型の立地」を意味していて、「ショッピングセンター」「テナントに場所を貸して賃料を得ることが前提の不動産賃貸業・郊外型の立地」を意味している違いがあります。

「百貨店」「ショッピングセンター」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典