「的中」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「的中」

「的中」「てきちゅう」と読みます。

一般的によく使われている言葉ですので読み方は特に問題ないでしょう。

この言葉は良い意味でも悪い意味でも使うことができ、日常的に幅広く活用されている言葉といえます。

特に、ギャンブルが好きな人は、モチベーションが上がる言葉なのではないでしょうか。

「的中」の意味

「的中」は、「弾丸や矢が的に当たること」という意味があり、それが転じて、「予想が当たること」「予言が当たること」という意味でも使われています。

「適中」という言葉を見ることがありますが、これも「的中」と同じ意味の言葉です。

好ましいことが的中した時には嬉しいものですが、嫌なことが的中した時には気分が滅入ってしまいます。

予想や予報、占いなど、統計に基づいて結果を出したものもありますが、予感や特殊な占いなど、そうでないものもあります。

後者のようなものが的中した時には、より一層驚いてしまうものです。

「的中」の言葉の使い方

「予想や予言が当たる」という意味の「的中」は、「予想が的中した」「予言が的中した」の他にも、「予感が的中した」「予報が的中した」「占いが的中した」「山勘が的中した」のようにも使うことができます」いずれも、確証のなかったことが現実になるということを表しています。

「悪い予想が的中した」「望ましくない予報が的中した」「良い予感が的中した」「嬉しい予言が的中した」のように、良い意味でも悪い意味でも使うことができます。

又、もともとの意味での使い方としては、「放った矢は見事に的の中心に的中した」といった使い方をします。

「的中」を使った例文・短文(解釈)

「的中」の意味や使い方が分かったところで、この言葉を使った例文をご紹介していきます。

「的中」の例文1

「天気の週間予報に雪のマークが付いているのを見て、こんな時期に雪?と思っていましたが、予報は的中したのでした」

天気予報を日常的に活用している人は多く、ニュース番組では必ず天気予報のコーナーがあるくらい、人々の関心が高いものです。

そんな天気予報を見ていると「季節外れの○○」という言葉を聞く機会が増えました。

「まさかこんな時期に」と思うような気象現象が起こる機会が増えてきたということでしょう。

「的中」の例文2

「トラブルになるのでは、と心配していましたが、やはり悪い予感は的中してしまいました」

悪い方向にすすんでしまうのではないかと心配になることがあります。

取り越し苦労なら良いのですが、悪い予感ほど当たることは多いものです。

そういった心配事に振り回され過ぎるのは考え物ですが、心の準備をしたり、念のために対応策を考えておくと、いざという時に慌てないで済むものです。

「的中」の例文3

「競馬の予想が的中したらご馳走を奢ると言っている友人ですが、まだ一度もご馳走になったことがありません」

競馬などのギャンブルが好きな人は、いかに予想を的中させるかが勝負の鍵となり、予想することを職業にしている人もいるくらい重要なことなのです。

それでも百発百中で予想が当たるわけではないので、結果に一喜一憂してしまうのです。

大当たりを夢見て勝負をしている人が、世の中には数えきれないほどいるのでしょう。

「的中」の例文4

「テストでいい点が取れたのは、たまたま山勘が的中しただけなのです」

一夜漬けでテスト勉強をするタイプの人の中には、山を張って勉強する人もいます。

山勘が当たれば高得点が取れるでしょうし、外れればほとんど点が取れないというように、結果に大きなばらつきが出てしまいます。

そういうタイプの人は、テストの度に、一か八かの大勝負をしていることになるのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典