スポンサーリンク

「盛大」と「莫大」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「盛大」と「莫大」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「盛大」「莫大」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「盛大」とは?

「盛大」は、組織や会社が経営する仕事、共通の目的を持って集まる会などが、きわめて盛んであること、またそのさまを意味します。

仕事に関していうと、ある企業の店舗数がどんどんと増えて成長していくようなさまを「盛大」といいます。

共通の目的を持って集まる会には、宗教団体の集会、学校で行われる全校集会など、さまざまなものがあります。

そこに多くの人が集まっていたり、活発になっていたりすることを意味します。

「盛」という漢字には、さかん、勢いが強いという意味があり、「大」という漢字には、形や規模がおおきいという意味があります。

「莫大」とは?

「莫大」は、程度や数が大きいさまを意味します。

数えることができるものに使われる言葉です。

「莫大」が意味する数えられるものには、財産、額、ものの量などがあります。

努力や成果など数えられないものには使いません。

たとえば、宝くじで一等が当たったとします。

このときに手にできる額は「莫大」なものです。

「莫」という漢字には、おおきい、はてしないさまという意味があり、「大」という漢字は、数や量がおおいさまを意味しています。

「盛大」と「莫大」の違い

「盛大」は勢いが盛んなことを意味しています。

一方、「莫大」は程度や数が大きいさまを意味します。

勢いは数えることができません。

「盛大」は数えられないものにも使われますが、「莫大」は数えることができるものにだけ使われます。

まとめ

どちらも「大」の漢字が使われていて、意味が同じような気がするかもしれませんが、2つの言葉は違った意味を持っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典