「直接材料費」と「間接材料費」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「直接材料費」と「間接材料費」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「直接材料費」「間接材料費」の違いを分かりやすく説明していきます。

「直接材料費」とは?

「直接材料費(ちょくせつざいりょうひ)」とは、「工業簿記で仕訳する材料費のうちで、どの製品にその材料をどのくらい使用(消費)したのかを直接的に把握できるもの」を意味している工業簿記の用語です。

例えば、洋服を製造・販売しているアパレル業者であれば、「生地の布・ファスナー・ボタン」などがその使用量(消費量)を直接的に確認することができる「直接材料費」になります。

「間接材料費」とは?

「間接材料費(かんせつざいりょうひ)」とは、「工業簿記で仕訳する材料費のうちで、どの製品にその材料をどのくらい使用(消費)したのかを間接的にしか把握できないもの」を意味している工業簿記の用語です。

例えば、洋服を製造・販売しているアパレル業者であれば、「糸・型紙・ボンド(接着剤)」などがその使用量(消費量)を間接的にしか確認することができない「間接材料費」になります。

「直接材料費」と「間接材料費」の違い!

「直接材料費」「間接材料費」の違いを、分かりやすく解説します。

「直接材料費」「間接材料費」「ある製品を製造するために必要となる材料の費用に関する工業簿記の勘定科目」という点では似ているのですが、「直接材料費」というのは「どの製品にどれくらいの量を使用(消費)したのかを直接的に認識できる材料のコスト」を意味しています。

直接材料費に対して「間接材料費」のほうは、「どの製品にどれくらいの量を使用(消費)したのかを間接的にしか認識できない材料のコスト」を意味している違いがあります。

自動車の製造会社であれば「自動車の鋼板・タイヤなど」「直接材料費」の典型になりますが、何度も繰り返し使用する「塗料・接着剤・機械油」などは間接的にしかその使用料を把握できない「間接材料費」になります。

また工業簿記において、「直接材料費」「仕掛品勘定」に仕訳して、「間接材料費」「製造間接費」に仕訳する違いも指摘できます。

まとめ

「直接材料費」「間接材料費」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「直接材料費」とは「材料費のうちで、どの製品にその材料をどのくらい使用したのかを直接的に把握できるもの」を意味していて、「間接材料費」「材料費のうちで、どの製品にその材料をどのくらい使用したのかを間接的にしか把握できないもの」を意味している違いがあります。

「直接材料費」「間接材料費」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典