スポンサーリンク

「相手の気持ちに寄り添う」と「相手の気持ちに立つ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「相手の気持ちに寄り添う」と「相手の気持ちに立つ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「相手の気持ちに寄り添う」「相手の気持ちに立つ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「相手の気持ちに寄り添う」とは?

「相手の気持ちに寄り添う」の意味と使い方について紹介します。

「相手の気持ちに寄り添う」の意味

「相手の気持ちに寄り添う」は、「相手に共感して、気持ちを同調させること」です。

「相手の気持ちに寄り添う」の使い方

「相手の気持ちに寄り添う」は、相手が悲しんでいる時や辛い思いをしている時に、共感して気持ちを分かち合うことを言います。

「寄り添う」は、「側にぴったりと寄る」という意味ですが、「気持ちに寄り添う」という場合はすぐ近くにいなくても「気持ちを同調させる」という意味です。

特に相手の為に行動したり、アドバイスする訳ではなく、気持ちを寄せて相手の悲しみや辛さが少しでも和らぐ様に、心で願う様子に使われます。

「相手の気持ちに立つ」とは?

「相手の気持ちに立つ」の意味と使い方について紹介します。

「相手の気持ちに立つ」の意味

「相手の気持ちに立つ」は、「相手の立場になってものごとを考えること」です。

「相手の気持ちに立つ」の使い方

「相手の気持ちに立つ」は、相手の立場になってものごとを考えたり感情移入することを言います。

相手が悲しんでいる時や辛い思いをしている時に、「もし自分が相手だったら、どの様に判断して、どう行動するか」と考えることを表します。

相手が側にいて、自分が何か働きかけたいと思う時に使います。

相手の気持ちに近づこうというよりも、「自分ならどうするか」を考えることであり、なるべく相手に負担を与えない様に気遣って行動する時の表現です。

「相手の気持ちに寄り添う」と「相手の気持ちに立つ」の違い!

「相手の気持ちに寄り添う」「相手に共感して、気持ちを同調させること」です。

「相手の気持ちに立つ」「相手の立場になってものごとを考えること」です。

まとめ

今回は「相手の気持ちに寄り添う」「相手の気持ちに立つ」の違いをお伝えしました。

「相手の気持ちに寄り添うは共感する」「相手の気持ちに立つは相手に立場になって考える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典