スポンサーリンク

「相異なる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「相異なる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「相異なる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「相異なる」とは?意味

「相異なる」は、お互いが全く異なっている様子のことを意味します。

つまり、人と人が面と向かい合った場合、両者の顔が全く同じであれば、相なるでこれは両者の顔が同じという条件をクリアしたということになりますが、それが異なる場合、「相異なる」です。

「相異なる」の概要

「相異なる」は、要は、顔と顔を突き合わせた際両者の顔が違うではないかということから両者は異なることを指していて「相異なる2つの点」というのは、違う点がたった二つだと述べているわけです。

その為、「相異なる」は、違いにおいては別にどのくらい違いがあってもよく、両者が同じであると判断できなければ「相異なる」に値します。

「相異なる」の言葉の使い方や使われ方

「相異なる」は比べる物2つが違っている場合使用します。

この時比べる物二つの違っている点を難点であるかを述べてもよく、その場合、「相異なる点が4点ある」など両者の違いを示せば、対象となる物は違いを理解可能です。

「相異なる」を使った例文

・『水と油の両者は相異なる』
この例は水と油という特性を見て両者は異なっているという例です。

水は、油を弾き水は火を消しますが、油は火をさらに燃え広が背るため、両者の特性は液体という点においては同じですが異なりがあります。

・『彼女が言う離婚原因と弁護士が彼女から聞いた離婚原因が相異なる』 この例は、彼女自身が話した離婚原因と彼女側についた弁護士の言う彼女の言う離婚原因が異なっているという例です。

つまり、彼女から聞いた離婚原因に沿うのが正しいはずなのに、弁護士はおそらく彼女に入れ知恵をして離婚原因を彼女側の都合の良い方向に解釈し別の方向に持って行っていると予測します。

・『双子の顔が相異なる』
この例は、双子の顔が違うという例です。

この例の場合、双子の顔が異なっていても別に両者は双子で必ずしも双子は似ている必要があるというわけではないです。

これは遺伝に関する問題なのでDNAを確認すれば実証できるため、双子が似ていないが故、兄弟ではないとするのは間違いになります。

まとめ

「相異なる」という言葉は要は、相違のことでお互いが違うことです。

その上で違う点は別に難点違う点があってもよく違いは些細なことでも違いです。

ただ、双子の場合、どっちがどっちか分からない場合、「相異なる」が適応されないケースもあり、そうした場合、合致とすればよいでしょう。

合致は、両者が一致することを意味しますので完全に顔が同じであると言えます。

なお「相異なる」状況はなぜ生まれるかですが、これは価値観だったり観察眼があり、似ているかどうかを判断するのは観察眼で両者の違いを判断すれば相違が生まれ、性格などの不一致については、価値観が異なるが故離婚などにおいては、裁判になった際価値観の相違から「相異なる」意見同士がぶつかり合うわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典