スポンサーリンク

「真剣」と「本気」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「真剣」と「本気」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「真剣」「本気」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「真剣」の意味から取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

「真剣」とは?

最初に「真剣」の意味をご説明致します。

「真剣」とは、基本的に2つの意味があります。

先ず1つ目は「刀剣」を指しております。

もちろんですが、竹刀・木刀にも用いられます。

また、もうひとつの意味としては、対象になる物事に対して非常に真面目に取り組むことを指しております。

「本気」とは?

次に「本気」の意味を解説していきます。

「本気」の場合は、いい加減な気持ちなどが一切ない状態で、真面目な気持ちを表しております。

「真剣」と「本気」の違いとは?

この項目においては、「真剣」「本気」の違いを取り上げてみましょう。

「真剣」の場合は、木刀や竹刀などの刀剣を指すこともありますし、物事に対して非常に真面目な取り組みを見せることを指している言葉です。

「本気」の方は、遊び半分などの気持ちがなく、真面目な気持ちを表していることになります。

「真剣」と「本気」の使い方の違い

ここでは「真剣」「本気」の使い方の違いを説明します。

「真剣」については、2つの意味から成り立っております。

先ずひとつ目が、木刀や竹刀等の刀剣を表すときに使われます。

もうひとつが、物事に対して取り組む姿勢が、いい加減なところがなく、真面目に取り組んでいることを表しているのです。

「本気」の場合は、遊び半分やチャラチャラしたさまがなく、真面目な気持ちを持っていることを指すときに使う言葉になります。

「真剣」を使った例文

それでは「真剣」を使った例文を書いていきます。

・『男はいつでも真剣勝負するものだと、父親に教えられました』

・『彼の真剣な気持ちが伝わってきたので、付き合うことにしました。彼とならば幸せになれると思います』

・『彼はいつでも仕事に対して真剣なので、社長からの評価も非常に高い人材です』

・『真剣に取り組む姿勢は、やがて自分を成長させ、周囲からも尊敬を集めることになります』

・『真剣を持って、稽古しているらしい』

「本気」を使った例文

最後の項目において、「本気」を使った例文を書きます。

・『本気で人を好きになると、前が何も見えなくなってしまいます』

・『本気で仕事に取り組んでいる人は、非常に素敵です』

・『いつでも本気な人は、ちょっと疲れてしまうかもしれません』

・『彼はいつもおちゃらけているが、本気を出すと仕事が早く、仕事のクオリティも高いです』

・『本気でお嬢様を好きになってしまったようだ』

まとめ

まとめとして、「真剣」とは2つの意味から成り立っております。

それは竹刀や木刀などの、刀剣を表すときに使われます。

もうひとつが、物事に対して遊び半分の気持ちがなく、真面目に取り組むことを指しているのです。

「本気」の場合、いい加減な気持ちがなく、真面目な気持ちを表している言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典