スポンサーリンク

「真意」と「本意」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「真意」と「本意」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「真意」「本意」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「真意」とは?

「真意」には、本当の気持ちという意味があります。

表面から捉えにくい心、表しにくい気持のことを意味しています。

「真意をくみとる」という使われ方がされるのですが、「くみとる」には相手の心情を推し量るという意味があり、見えない心を推測することを表しています。

「真」という漢字には、まこと、ほんとうのという意味があり、「意」という漢字には、こころ、気持ち、思い、考えという意味があります。

「本意」とは?

「本意」には、2つの意味があります。

1つめは、本当の気持ちです。

類語は本心、真意になります。

本心は、本当の心を意味します。

もう一つは、もともとの願い、もとからの考えという意味です。

類語は本懐、本望になります。

本懐はもとから抱いている願いのこと、本望は本来の望みのことです。

「本」という漢字には、もと、心からのという意味があります。

「真意」と「本意」の違い

「真意」とは、表面からは見えにくい本当の気持ちのことです。

「本意」にも本当の気持ちという意味があり、「真意」と同じ意味になります。

しかし、「本意」にはもともとの願いという別の意味もあり、この場合は「真意」とは意味が異なります。

まとめ

「本意」には2つの意味があり、「真意」と同じ意味もあれば、異なる意味も含んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典